他の参加報告をみる

参加報告 平成27年6月15日UP
     ☆ガン検診に行ってきましたぁ〜☆

 今週に入り、公民館でガン検診が行われています。
 自分も以前から行っていましたが、10年程前までは、会場で1時間以上も待たされていた事もありました。
 

 その後、制度というか、やり方も変えたようで、以前より、より、細く、時間別に呼び出すようになり、待ち時間は少なくなりました。
 今は2年に1回は受診するようにしていますが、今日は「空いているなぁ」と感じました。
 職員の方に聞くと、『今日は申し込みが少なかったです』との事でしたが、もっとも、高齢化もあって受診される方も減少傾向ではないのかなぁ。とも推測しています。ちなみに、今回は、5日間の実施で、500人前後の方が各種の検診をされるそうです。

 

 健康診断の他は、血液検査やガン検診で、大腸ガン、肺ガン検査と胃ガン検査がメインとなっていて、検診車が待機をしています。
 ちなみに、午前6時から始まり、昼には終了です。なぜなら、朝食時間の関係もあって、午後からだと、食べてしまう。という事があるので、早朝から昼まで。という事となっているそうです。
 ・・・・つまり、職員の方は午前5時過ぎには来て、準備をしている。という事で、まぁ、どの仕事も大変ですが、5時集合もキツイですよねぇ。
 

 バスが来ての検診は、年1回で、後は、町内の病院に行くか、バスに乗車して札幌まで行くか。のどちらかとなりますが、医療費の削減には、まずは検診で早期発見が第一です。

 
 それぞれ個々が加入している医療保険がありますが、余市町の国民健康保健会計は、前年度、1600万円ほどの赤字となってしまいました。
 自分が議員職を預かった平成11年当時、国保は3億円の赤字となっていて、その後、値上げによって、赤字が解消されました。
 その後、国の医療制度の改正によって、なんとか、収支均衡がたもたれていましたが、国保は現役世代が終わった方も入る医療保健制度であって、近年、現役世代の減少もあいまって、収入も厳しくなっているのが現状です。
 赤字は26年度に発生したので、27年度の支出が少なければ、なんとかなる数字ですが、そのためには、医療費の削減が第一で、削減のためには、早いうちに、治療がすめば、医療費もかからなくなる。という事です。
 
 
最近のバリゥムは、飲みやすくなっていて、ヨーグルト味ですね〜

 機会を見つけて、イェ、率先して健康診断や各種ガン検診を、受けましょう!!