他の参加報告を見る
参加報告 平成27年3月28日UP
  ☆余市町中学生姉妹都市派遣事業報告会☆

 年度末に入り、また、選挙があるだけでなく・・・・ここに来て、自分の車も『修理不能』><(;;)と修理工場さんに言われてしまい、この年度末に車を探すハメになってしまい・・・まぁ、その他、2団体のくらいの事務処理をしていて、本当に忙しく、議会関係の仕事が全然、出来ないでいます。まぁ、いつも言い訳なんです(^^;)が・・・・
 さて、時間が経過しましたが、先日、役場3階で、余市町が昨年実施した『姉妹都市派事業』の報告会があったので、行ってみました。
 当日は40名程度の方が集まって、中学生の発表を聞きました。

 

日時:平成27年3月26日(木)
   午後2時30分〜午後3時30分
場所:余市町役場3階301号・302号会議室

  次 第
1.開 会
2.挨拶 余市町国際交流推進協議会 会長 杉本淳一
   余市町長   嶋 保
3.参加者紹介
4.事業概要説明
5.事業報告(パワーポイント)
6.参加者スピーチ 派遣事業参加者9名(生徒6名、引率3名)
7.質問タイム
8.閉 会

 報告会は余市町国際交流推進協議会の会長である、杉本会長が挨拶でスタートです。尚、杉本さんは、ニッカヰウスキー余市工場長でしだが、定年により退職。工場長は交替し、現在はニッカサービスの方に在籍となっています。
 
     
杉本会長の挨拶          嶋町長の挨拶
 嶋町長の挨拶で『私はパスポートを持っていませんので、海外は行った事がありません〜』と挨拶をしておられました。

 

派遣期間
平成26年10月29日〜平成26年11月5日 8日間

派遣先
イギリス(スコットランド)
  イースト・ダンバートンシャイア グラスゴー エジンバラ ロンドン
※余市町→千歳→羽田→ロンドン(帰路は逆順)

交流内容
 聖ニナイアン高校の訪問 カーカンデロフ州庁舎訪問とイースト・ダンバートンシャイア市長との懇談

 
 
事業参加の生徒の図画が展示されていました。
参加者
 旭・西・東の3中学より、それぞれ2名、6名の生徒。
 教諭・観光協会マーネージャー・余市町企画課主幹 の合計9名

 この事業は『余市町未来を作る人作り事業』の一環で、この関係で寄付がよせられており、その予算で実施をしています。

 
 生徒の発表があって・・・・・報告は写真を投影しての生徒自身の説明と報告でした。

 
テレビカメラも1台入っていました。また、取材でカメラを持った人は、自分を含め3名でしたぁ〜

 
報告会とは関係ありませんが、役場3階から大川橋を見ると・・・こんな感じです〜

 
 最後の報告者は・・・同行した役場企画課の笹山主幹で、『食事が、毎回、ポテトフライが付いて・・・見るのもイャになった』との事でした。ちなみに、4月より、議会出席の課長という事で、この経験が生かされるとイィですね。

 報告会は、笑いが出る中、無事、終了となりました。

 余市町の子供たちが、この経験を生かして、大きく羽ばたく事を、そして、こういう機会を、どんどん作って行けなければならないのではないか。と強く感じた報告会でした。


 さて、『マッサン』も、今日で終わってしまいました・・・・最後は(;;)でしたね〜

 ちなみに、最後の場面は、現在の余市ニッカ工場での撮影で、また、ドラマの中で、受賞した『スーパーエリー』は、この名前ではなく、『スーパーニッカ』であって、ニッカの歴史の中では、『竹鶴政孝が本当に作りたかったウィスキー』という位置付けのようです。
 つまり、『マッサン』というドラマは、史実とフィクションの中間で作られたものであっで、くれぐれも、ニッカの歴史=『マッサン』では無い。という事を、ご理解くださいね〜