他の参加報告をみる

参加報告 平成26年4月21日UP
☆余市町食生活改善推進員会総会と余市観光協会総会☆

◎ボヤキですが・・・
 なんか・・・2月末から本当に長いなぁ・・・と感じています。
 2月末から、賠償金の議題での議会。3月に入って、定例会が開始され、個人的には、3月18日から一週間の入院。
 退院したと思ったら、新年度予算委員会の採決時から始まった議会の混乱・・・・そして、3月31日の暫定予算の審議となりました。
 議会以外では、余市町農業協同組合の監事を受けている関係もあって、4月8日に農協総会がありました。総会に向けての地区別懇談会が、3月24日から、土日を除いた平日の夜6時半から8日間開催されていました。自分は入院中という事で、初日は休んだものの、以後は、毎回出席。そして、総会を迎えました。
 また、今年の農協総会は3年に一回の役員改選の年という事で、地区から理事を選出しなければならず、自分の地区は、なかなか決まらず、地域の農事組合の組合員が、ほぼ全員集まり、2時間あまり会議を2度にわたって開催する等、非常に時間がかかってしまいました。
 自分も現職の監事という事もあって、助言を求められたりして、また、自身も、監事の選考対象となる事から、こっちの方も色々と大変でした。
 ちなみに、次ぎの監事の了解をしたのは、17日の朝で、17日の午後から体調を崩して入院となった事から、もし、入院が先であったら、またまたやっかいな事になっていたのではないか。と考えています。

 また、元々調子の悪かったパソコンが3月中旬ころから、本当に調子が悪くなって来て、シャットダウンが出来なくってしまいました。シャットダウンは出来るのですが、再機動の時に、画面が真っ黒〜(;;)
 強制立ち上げをして、以後、シャットダウンをしないようにして、日々、バックアップを手動で取るようになってしまいました。
 そうこうしていたら、3月末に、知人の方が亡くなってしまい、その葬儀の関係で、弔辞を読む事となり(;;)・・・・弔辞の作成もしていました。また、町内の葬儀も続いて・・・

 パソコンの方は、4月5日に、ようやくリカバリーの作業に入ったけれども、リカバリーは、ソウトを全〜部、入れ直し><・・・という事で、アップデートをしたりして、いゃ〜、丸3日間はかかりました。
 その後はPCの状況は良くなりましたが、予算案否決・暫定予算の成立という事で、これをネットに掲載したけれども、分量がハンパで無かった・・・・

 で、12日からも色々あって、4日間連続で札幌往復となってしまいました。・・・・これじゃぁ、足の方も・・・・なんとなく、ウズいて、あまりパッとしていないです。ちなみに、ETCの平日割引が・・・・うーん、登録はしましたが、どうなっているんでしょうかねぇ?
 まぁ、そんなボヤキですが・・・


◎余市町食生活改善員会総会
 そんな中、時間が経過しましたが、余市町の食生活改善員会から、新年度総会・第38回定期総会の案内を頂いたので出席しました。
 
                   『今日がある』の斉唱
 場所 余市町中央公民館
 時間 4月14日 月曜日
 時間 午後1時〜

 開会においては、食改の歌である『今日がある』が斉唱されてのスタートでしたが・・・うーん、当然ですが、知らない歌です。でも、会歌があるという事は、それだけで団体としての組織力がある。という事で、当然、全国組織という事ですね。
 
    
谷会長の挨拶
 総会は、会長挨拶、来賓挨拶と続き、嶋町長は『上京中』という事で、民生部長が町長代理として町長のメッセージの代読をしていましたが、単に役場が作った文章ではなく、町長の考え方、見方が入っていた挨拶文でした。
 来賓挨拶としては、倶知安保健所の課長さん、また、来賓として、保健所の職員、また、役場の担当課長と係りの職員も出席していました。
 お土産で・・・シュークリームがついており、頂いて来ましたぁ(^^)

 
 町長代理で澤谷民生部長の挨拶      中村教育長の挨拶
 大人になってからは、初めての入院生活という事。入院中は、何もする事が無くって・・・・楽しみといえば、一日の3食の食事でしたが・・・・でも、量は少なく、味付けも薄味という事で・・・「もっと食べたいなぁ・・・」と思いつつ、時間をかけて、ゆっくり食べていました。

 その生活が一週間も続いていて、また、入院中はポテトチップスが食べたくて、しょうがなく、退院して、買って食べたら・・・・しょっぱくて、食べられませんでした。

 食生活改善推進員会の会合に何度か参加させて頂きましたが、『ヤサイを多く、塩分少なく』という事は、頭で理解していても、自分は、食べることが大好き〜という事で・・・
 特に好きなものは、炭水化物で、ラーメン・ライス・ギョウザの組み合わせが、一番シ・ア・ワ・セです。
 無論、ダイエットを考えて、食べる事には注意をしていたのですが・・・全然、痩せません。でも、足の病気もあるので、「体重を減らさなきゃ」とは思いつつも、思っているだけでした。
 
お土産が付く、総会は有難いですね〜
 入院での血液検査の結果、『初期の糖尿』『各血液数値の高さ』もあって・・・毎日、指先にハリを指されて、一日6回、血糖値の検査もやっていました。
 ちなみに、最高で200を切るくらいで、そんなに高い。という訳でもなく、空腹時は100をチョット越えるくらいの数値でした。

 まあ、そんな食生活も入院という機会もあり、退院後も、ヤサイ中心と減塩生活をするようにして・・・・
 今まで、まったく落ちなかった体重も、退院直で5キロの減量(^^)となり、以後も続けて、7キロ台の減量まで続いていますv(^^)v
 後、5キロは減らしたいなぁ・・・と思っています。

 そんな中での、食改の総会に招かれて、総会には初めて参加しました。

 食生活の大切さを、今回の入院生活から肌で感じましたが、正直、この団体の活動は"地味"ですが、これからの余市町にとっては、とても重要な活動であると、改めて感じています。
 なぜなら、健康になる事は、医療費の減に繋がりますし、また、発病から介護に陥るケースも多い事から、病気が減れば、介護の経費削減にも繋がるのではないでしょうか。
 余市町も医療系の予算は、増えることはあっても、減ることは無い・・・・と思っていましたが、この活動が活発になれば、この部分の予算も減る・・・かもしれないですね。

 地味な活動でしょうが、今後も続けていってもらいたいものです。
 
町長の変わりに、民生部長の公演でした。余市町の民生関係で食改にかかわる内容でした。ちなみに、終わってから『汗だらけになった』と民生部長は話しておりました。初めてではないのでしょうが、ある面では議会答弁より汗をかいたでしょうねぇ・・もっとも、議会で流れる汗は『冷や汗』ですからねぇ〜

 ・・・ちなみに、予算案の否決によって、当初予算書に計上されていた、この団体への報償金については、否決された事によって、暫定予算上では、前年の半分以下の金額しか計上されず、それが議会を通過しています。

 という事で、本日の総会は、前半は来賓を交えての講演。その後は会員だけの総会となっていました。
 総会では、本年度の予算案の提案となっていましたが・・・・

 町からの報償金や補助金等は、各団体では収入に当たるのですが、否決された予算額の通りの提案なのか、はたまた、可決された暫定予算での提案なのかは・・・微妙ですし、どちらも、一長一短です。
 本来の形での金額での提案としても、今後、予算が通るのかどうかは、未定であり、また、暫定予算の金額では、支出を減額しなければならない。
 では、これから、予定通りの金額が議会を通過するとしたならば、再度、総会を開いて、増額予算を編成するのか・・・という問題となります。
 どちらも正解は無いのでしょうが、当初予算の否決は、こういう面で影響があるという事を、改めて認識しました。
 どちらにしても、住民の方に迷惑をかけている事だけは、事実であり、申し訳無いと思っていますが、暫定予算が付いた団体や事業は、とりあえずよし。としても、暫定予算さえも付かなかった団体は・・・・総会自体が開催出来ない・・・という団体もあるのではないかなぁ。と考えています。
 どちらにしても、本当に申し訳無いと思っています。


◎余市観光協会主催、桜並木清掃
 
 さて、翌日の4月15日の火曜日、余市観光協会主催により、毎年行われている、余市川堤防の桜並木の清掃が、13時30分から、余市川右岸の田川橋で開催されました。
 
主催者を代表して、観光協会笹浪副会長の挨拶、その後、余市川の河川管理者として、後志総合振興局小樽建設管理部余市出張所ですが、旧名称は土木現行所で、ここの所長さんの挨拶でスタートとなります。

 今年は残雪もある事から、枝の伐採ではなく"ゴミ拾い"という事になりました。
 
ゴミ袋をもらって、散って行きます〜
 建設協会、ライオンズクラブ、青年会議所、防備隊、ニッカウィスキー等々の16団体、132名が参加してのゴミ拾いとなりました。
 当日は、晴天なるものの、風も強く、その分、寒さを感じる一日でしたが、『マッサン』の件もあって、何かと話題になる事も多く、また、ゴールデンウィークには、桜も満開になる事もあり、訪れる方も、チョットは多くなるのかなぁ・・・・と思っています。
 
黒川小学校と余市橋の間でゴミ拾いが実施されました

◎余市観光協会、通常総会
 さてさて、4月16日、水曜日ですが、午後3時から、余市商工会議所ビルで余市観光協会の平成26年度通常総会が開催されました。
 今までの観光協会は、余市商工会議所が町の委託を受けて、商工会議所で運営していました。
 数年前から『独立化』が言われており、法人設立準備会が立ち上げられ、協議が進められていました。
 そして、今回の総会においては、前年の事業報告と決算の承認。その後、法人化が行われる決定がされました。
 その結果、一般社団法人『余市観光協会』となり、法人登録となる事から、定款が諮られ、その上で、会費の変更や事業計画案、収支予算案の承認、そして、新たに会長か選出されました。
 
長きに渡り、観光協会会長を勤められた近藤さん。後半は議員と兼職で色々な面で大変だったでしょう。大変、お疲れ様でした。
 新会長には"北王よいち"の小田社長が兼任する事が、全会一致で承認。また、副会長以下、監査まで20名も選出され決定されました。
 今後は、独立した事務所が立ち上げられ、業務開始がされますが、専任の事務局長以下、3名の職員体制となり、事務所は駅前となります。
 また、独立の為に、余市町として、否決された予算案の中でも、また、暫定予算の中でも、本年度、1400万円が計上されており、3月31日に議会を通過しています。

 今年は『マッサン』の年でもある事から、様々な面での『発信』と『ウェルカム』精神を発揮して、頑張ってほしいものです。



◎余市地方食生活改善推進員協議会
 またまた話は食改に戻って・・・
 4月21日、月曜日、13時から余市地方食生活改善推進員協議会の総会に参加させて頂きました。
 余市地方ということで、余市町の他に、古平町と赤井川村の食改さんが加わっての総会でした。
 中身としては、一週間前の総会と同じで、進行も同じでしたが、前回より、人数が多かったです。
 

 
最初に会歌の斉唱で、2回目聞くと、チョット耳にもなれましたね。
 
 谷会長の挨拶で始まり、来賓挨拶としては倶知安保健所です。この団体を直接所管するのは保健所ですが、無論、余市町との関係も有り、余市町としては保険課が所管していて、様々な事業を余市町と一緒にやっています。
 
 前回は来れなかった嶋町長。今日も『これから別な公務があります』との事で、挨拶で帰りました。その後、これまた、前回と同じ顔ぶれでしたが、民生部長以下、保険課職員が来賓として、自己紹介をしていました。
 
 本日の講演は、教育委員会の主管であり、今年から公民館館長となった、浅野館長の公演で題材は『マッサン』でした。今年の後半に放送されるニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝・リタ夫人の講演で、ニッカ工場がなぜ、余市町に出来たのか。また、政孝・リタの逸話でした。ちなみに、出席されていた食改会員の中には『竹鶴さんと話した事がある』という方もおりました。

 講演は、午後2時30分に終了。その後は、会員だけでの総会となったので、自分も帰ってきました。マッサンの講演を聴けただけでも、良かったです。
 

 相変わらず、長くなりましたが・・・・うーん、足もダルイけれども、キーボードの叩き過ぎで、腕も背中も痛い><ですわぁ・・・
 後は、ニュースの発行と・・・・4月18日、第2回臨時会の告示がされました。4月23日収集となっており、議題は・・・・・26年度の予算案の続きです・・・
 ・・・さて、結論は如何に・・・・