他の参加報告をみる

参加報告 平成25年8月1日UP
☆いけまぜ夏フェス2013inよいち・その2☆

 写した写真枚数も多かったのですが・・・・まさか、その2まで行くとは考えていませんでした。まぁ、その1の続きです。


 
よさこいチーム『いけまぜアドベンチャー』の演舞。みんなにナル子を配ってやってます
 

   
その頃、箱車が到着。各所で作られたカレー等を運んできました
 

 どの部門の大変だったのでしょうが、調理の方は、大変な部類の方にはいったのではないか?と想像しています。
 なんたって、1000名を越える食事を作るとなれば、材料の仕入れもあったでしょうし、当日は気温も高いので、その注意。そして、衛生面という事もあって、マスクと帽子の着用という事で、暑い・苦しい・重い・・・・ということではなかったでしょうか。

 
担当者から『こうやって配膳して下さい〜』と説明を受けて・・なんたって、人数が多いので、行列も長くなり・・・ちなみに、配膳箇所は3箇所ありました。

同時刻、神輿が到着。ジャンプ台の前に陣取って、出番を待ちます〜
 

 午後5時ころからは、夕食のカレーライスが配られて・・・・同時進行で野外コンサートもありました。

夕食のメニューはカレーとマカロニサラダです。そして、お茶とりんごのぽっぺも当たる。という事で、ダンボールのお盆に乗せられて、配膳されました

 
配膳係りが足りない〜という事で、町長も入ってやっています〜

 
おもいおもいの所に腰を下ろして、食事です〜
 
今晩の宿・・・教室の窓には網戸がガムテープで張られて、蚊の対策もバッチリ〜・・・かなぁ・・・

 
校門では、神輿会が受付をしています。各地か担ぎ手が来てくれる事になっています。

広い敷地では・・・陽も陰って来たので・・チョット睡眠?
 
                   プロの方の演技ですね〜


 

 食事が終わる頃、余市の『ぽれぽれペンギンクラブ』による、ソーラン躍りとなりましたが、ポレペン号の荷台にはソーラン太鼓が叩かれ、車の回りを輪になってのソーラン躍りとなりました。ポレペンメンバーだけではなく、給仕が終わった食事係の方も入っていました。まぁ、この方々は毎年、ソーランに参加している方が多いでしようかねぇ〜


 
太鼓は素人だけれども、ソーラン太鼓はチッョと前に叩いたばかりです〜

 

 その後・・・余市神社の神輿が入ってきました。無論、担いでいるのは、余市の風祭会を中心とした神輿会で、小樽方面からも、これだけのために来てくれていました。
 そして、神輿の下の潜り抜けをやったのですが、いゃ〜、全員を潜らせるという事で、かなり大変だったでしょう。

 
全員を神輿の下を潜らせる・・・か担ぎ手も今日は限られているので、交代要員無し〜はキツイですょ〜 ・・・でも、ゲストを潜らせて、無事終了です。

 神輿が終わって・・・陽も暮れて・・・

グランドに足場が組まれていたのは、『いけまぜこぞう』で、これに火が灯され、花火大会のスタートです!!
 

 

 あまり高くは上がりませんでしたが、近かったので、迫力もあったし、けっこうな玉数が上がって、第一日目のイベントは、総て終了ですしました。

 
 『日帰り』の方には、帰り際に修了証が配られました。そして、会場のグランドでは、テントの撤去〜

 
高橋先生も、お見送りをして・・・どこに行っても、いつでも人気者〜ですね。

 
 さて、宿泊先は全部で4ヶ所?があり、当然、車椅子の方もいて・・・大型バスが来て、いゃ〜スゴイ設備をもっています。
 横の壁が開いたと思ったら、ここがリフト場所なんですね。車椅子1台づつですかリフトに乗せられ、上がります。うーん、けっこう高いし、なれないと、コワイかもしれないですね。ちなみに、一度に8台の車椅子を積めるそうです。
 

 紅志高校は一応、8時に終了して・・・

 お隣の沢町小学校も宿泊先となっていましたが、ここの前では、大反省会がおこなわれました。
 
 自分は仕事もあったので、早めに移動してきましたが、この時はまばら・・でしたが、最終的には、用意したイスは満杯になって、また、屋台の食材も全部売り切れたそうです。ちなみに、屋台の価格は、少し安めに設定されてありました。まぁ、儲けが目的では無いから、安く設定したのでしょう。


日付変わって。7月29日になりました

 朝のメニューとしては、起床後、ラジオ体操の後に、朝食という事で、体育館での朝食てした。ちなみに、自分は、8時前に行ったので、ラジオ体操には不参加でしたぁ〜

朝食メニューはパン2枚と牛乳。ウィンナー2本とトマト。パンにはトマトジャムが用意されていました。また、りんごのぽっぺも用意されていました。
 
 
人数が人数なので、やっばり行列が出来て・・・

白川議員もポランティアで参加です。昨日のカレーの準備から参加。その後、ぽれぺんと一緒にそーらん踊りに参加。そして、今朝も食事の給仕と、頑張っていましたぁ〜
 
・・・そして、町長も朝からジュースを配っていましたぁ〜
 ゲストとボランティア・・・
 
         
段差がある所には、スロープが作られていていました
朝食も思い思いの所で、食べていて・・・送迎バスの中で食べている方もいました

 
           
紅志高校で使った布団を玄関口まで下げて・・
 
昨日の花火の燃えかすを拾っていて・・・テントもトラックに積み込み、返却です

 今日のメニューはグランドで運動会ということで・・・

放送機材はワゴン車の中においておいたら、移動は楽ですね〜
 
          
僕も片付ける・・・・コードリールを巻いてます〜


 
 
野外での最初の種目は、運動会前に準備運動を兼ねたフラダンスです。暑い太陽の下、なんとな〜く、ハワイの気分でした〜

 朝から日差しも強く・・・気温も上がって来ていたので・・・ボランティアの看護師さんも、野外で待機〜『熱中症に注意〜』との放送は何度もかかっていました。
 
看護師さんは、腕に『看護班』のシールを張っていて・・・どうやらトゲがささったようですね〜

 

 さて、いけまぜ”にはカメラを持った人はたくさんいましたが、専属のカメラマンさんが三名いたようでした。カメラも大型のものを使っていたようです。
 そして、『いけまぜかわら版』の腕章をしていました。写した写真を逐次使って、かわら版を発行していました。

運動会の方は・・・・全員を4チームに分けて、チーム対戦です。
最初は、手つなぎ競争で、とにかく、長く伸びたチームが優勝〜
 
次は借り人競争で、審判は高橋先生がやっていました。最後の方は、ごちゃまぜ〜になっていましたね
 
最後の競技は、ボール運びゲーム。皿やカップに入れたボールをプールに入れるゲームですが、ボール数も多いので、けっこう大変〜でした。ちなみに、優勝等の表彰はありませんでしだが、みんなで参加出来るゲームでした


 運動会も終わって、いよいよフィナーレです。

記念撮影用の写真撮影のために、カメラマンは校舎3階に陣取って、指示を出します
 

 閉会式では、一番遠い所から参加したポランティアに表彰状?が嶋町長から渡されました。記憶ですが・・・沖縄県から参加・・・とアナウンスがあったような記憶が・・・
 次に、次回開催地の恵庭市の方に、余市から旗が手渡しされて・・・
 
人が集まれば、必ず出る、忘れ物・・・『これだれの〜』と案内がされていました

自分はあえて校舎ではなく、ヌッチ川沿いに止めてあったポレペントラックの荷台から狙ったのですが・・・


やっぱりダメだった・・・・みたいですね・・・ちょっと、望遠を下げ過ぎたようですね・・・

 全ての日程が無事終了し・・・校門でお見送りです〜

 

 

人も見送り、借りて来ていた、資材も見送り〜ですね
 
時間は12時前という事で、片付けのボランティアのために、オニギリが用意されています。でも、やっぱりウメオニギリでしたぁ・・・


 さて、今回のイベントでは、全部で34のコーナーが作られました。途中、パラパラと雨が降って来ましたが、なんとかもったこともあって、そうでなかったら大変だったと思います。
 雨がふったら、体育館で行うしかなく、1000名を越える人が体育館に集まったら・・・サウナ状態だったでしょう〜

 余市町としても準備という事では、本当に大変だったと感じていますが、事故・ケガも無く、さらに参加者総数としては、以下の通りでした。
 ※余市町役場担当課把握数値 7月30日開催の民生環境常任委員会にて報告
   障がい者とその家族  458名
   町内ボランティア   553名
   町外ボランティア   369名  合計1380名
 
 この企画は、障がい者も健常者も一緒になって楽しみましょう。ということでは、その目的は達したのではないか。と自分では感じています。
 それは、大変だったけれども、様々な面で多いに感じる所がありました。



 
 さて、今回の企画では、送迎車もボランティアで投入されていました。各施設のリフト付きのマイクロバス等で、自分の車も定員10名の車という事で、貸しました。
 ですが、自分の車には、あまり乗車は無かったように見ていました。これは、車に何も掲示していなかった。とうことだと思います。
 小回りが効くので、例えば『沢小⇔紅志高校間、運行してます』とか表示しておけば良かったのではないかなぁ・・
 マイクロバスの方には『シャトルバス』と掲示がありましたが、これは、だれが用意したのかなぁ・・・と思っています。
 また、自分の車は、街宣車で、スピーカーからは、いつでも音が出ます。「ただで走らせる事なく、いけまぜのテーマ音楽でも流して走らせれば良いのではないか?」と助言はしたのでしたが、そこまで用意が出来なかったのかなぁ・・と思っています。
 どの部門も大変だったとは思いますが、この点をもう少し改善出来たら、もっと良かったのでないか。と、勝手に考えています。


 
写している所を写されていましたぁ〜 どっちも初日ですし、また、自前で2段のアルミハシゴを持参して行ったので、人よりチョット高い位置から撮影が出来ましたぁ〜

 さて、自分は日頃、カメラを持ち歩いている事、それは、ホームページの更新。という面もありますが、一般の方より、シャッターを押す機会は多いと思っています。
 今回の一連のいけまぜ”では、6月2日のシンポジュウムから、28日まで、撮影したデータ毎数は1999枚でした。
 日ごろ、カメラを持ち歩いているので、一般の人よりは、写すタイミング等は慣れていると思っていますが、障がい者の大会という事で、やはり、チョット感覚が違い、難しかったです。

27日の午後から会場に入り、腕章を借りて、写して回りました。そして、当然ですが、データは『にわとりクラブ』の本部にも提出しました。
 撮影も終わり、借りていた腕章を戻したら『記念に差し上げますよ。そして、来年もそれを持って来て下さい』と言われました。
 そして、『かわらばん』の方はNo5まで発行されていました。明確に自分の撮影したもの。と分かるのは1枚だけ使われていました。
 写真班の責任者の方は、プロの方だったので、まぁ、とりあえず、写しまくったので、写真の中身としては別でしょうが、そういう面では合格だった・・・のかもしれません。

 
かわらばん”はNo5だけ目にしました
 
 ボランティア参加証明書もしっかり頂きました。ありがとうございましたぁ〜


 イベントも終わって、いけまぜ"の関係で検索したけれども、うーん、HP上では、あまり話題になっていない?というか、写真掲載も少ないようなのですが・・・・
 おそらく、これだけ掲載しているのは、自分のホームページだけだと自負しいます。ですが・・・好ましくない写真があれば、ご連絡下さい。削除します。

 また、機会があれば、参加してみたいとは思っています。

         以上、いけまぜ夏フェス2013inよいち  終了です

 ・・・・写真枚数が多すぎて・・・何度もビルダーが自動停止してしまいましたぁ(;;)