他の参加報告をみる

参加報告 平成25年4月17日UP
   ☆余市川さくら並木清掃☆

 アメダス地点の計測では、余市町の積雪も『0』になりました。
 春が遅かった割には、雪解けは早かったのでは?と感じています。
 さて、4月16日・火曜日に、余市町観光協会主催による、余市川河畔の堤防沿いにある、桜並木の清掃が行われました。
 

 昨年は残雪の為、中止となっていたのですが、4月上旬の様子では微妙な所でしたが、雪も消えたので、観光協会の会員、また、各団体から約110名が集まりました。

 
 当日の天候は曇りで、気温も低めという中での作業となりました。まずは、観光協会会長である、近藤議員が挨拶。その後、この敷地は北海道の管轄いう事で、開発局余市出張所の代表者の方も挨拶し、作業開始〜となります。
 
 さて、この事業は毎年、行われていますが、本来の目的は、桜の選定ですが、毎年、しなければならない・・・というものではなく、また、木も大きくなって、素人が手を出せない状況となってきて、どちらかといえば、ゴミ拾い。がメインとなっていました。

 ・・・・つまり、数年間、桜の木を切っていなかった事もあり、伸び放題、また、枯れている枝もあった事から、雪のある時期に、選定作業は業者の方がやっていたそうです。
 という事で、今回は、ゴミ拾いではなく、その枝の撤去。という事となりました。

 トラック5台が出されて、積み込み作業となりましたが、5台では収まりきらず、都合7台分が運ばれました。
 ちなみに、枝といえども、勝手に捨てる訳には行かず、隣町の最終処分場まで、お金を掛けて捨てに行きます。

 

 4月には奇麗に桜が咲きます。どうぞ余市川河畔にお越し下さい\(^^)/

オマケ
 4月に入り、雪解けが一気に進んだ事、また、低気圧の影響もあって、水も一気に出てしまい・・・・
 
住宅地では、道が冠水していましたし、山から流れ出る水は、道路のアスファルトをはがしていましたぁ・・・・

 3月下旬に協会病院から開院70周年の記念誌が送られてきました。うーん、議員だから送れて来たのかなぁ・・・それとも、ページ内に使われている写真に写っていたからなのかなぁ・・と考えて・・・・
 
先日、病院に行って、吉田院長に診察を受けた時に、聞いたら『行政関係者の方には、送りましたょ〜』との事でした。ちなみに、見開きページに写っていましたぁ〜 ・・・・後ろ姿でしたが・・・・   
                        おしまい(^^;)