他の参加報告をみる

参加報告 平成24年7月1日
      
  ☆平成24年余市町表彰式☆

 平成24年も、折り返しを向かえ、今日から7月です。余市町は、毎年、7月1日が開町記念日となっていて、この日に、表彰式を行う事となっています。
 
1枚、写してもらいました・・・・町特別職がお出迎えです。町長のモーニングも、決まってきましたねぇ〜

 ところで、今日は日曜日となってますが、『日曜でもやるんですか?』という事で、確かに、自分の記憶としても、日曜に開催した事は、記憶に無いのですが・・・・

 さて、『表彰する』という行為については、『余市町表彰条例』という条例があって、これに基づいて、色々と取り決められます。

全員集まったところで、席に着いて、練習をしてから本番に臨みます・・・まもなく開会です〜
 
来賓としてハチロ代議士も出席です。この前の国会の時、消費税値上げの賛成討論を実施していましたね〜


 この中で表彰する種類として、
第2条 
『功労者彰』『貢献表彰』『善行表彰』の3種類としています。

 また、この中で、具体的に職域というか、種別して明記されてある者として、

第3条
@町長として多年その職にあった者で・・・
A議会議員で12年以上、その職にあって・・・
B副町長・助役・収入役・教育長・監査委員として12年以上、その職にあって・・・
C町の公益・産業の発展・地方文化の進展に寄与し、町勢振興のため・・・・
Dその他町長が功労者として、表彰することが適当であると認めた者

第3条の2
前項の規定に基づく功労者の表彰は65歳をもって表彰する。ただし、特別の事情があると認められる場合は、この限りではない。
 
第6条
町長・副町長、及び議会の推薦による議会議員4名、並びに町民で学識経験のある者4名をもって組織した余市町表彰審議委員会(以下、審議会)の議決を経て決定する。

第7条
功労者の表彰は功労章・表彰状及び記念品を、貢献者及び善行者には表彰状及び記念品を贈呈する。


第8条
表彰は7月1日にこれを行う。ただし、特別の事情がある時は、審議会議を経て随時行うことができる。

 
いよいよ開会。副町長の開会の辞でスタートで、その後、町民憲章の朗読を、町長がリードして行います〜

 そして、『余市町表彰条例施行規則』というのもあって、それに、詳細が明記されて、これにのっとり、今日の表彰式が行われます。

 
一人一人に町長が表彰状を渡して行きます。

 まぁ、この条例によって、『7月1日に行う』と明記されており、曜日を問わず、行われる。という事になり、過去においては、ソーラン祭りと重なった時もあったそうです。

 ちなみに、にたような表彰条例では、『余市町名誉町民条例』というのもあります。条例制定の流れを見たときに、名誉町民は昭和40年2月。表彰条例は昭和60年7月となっています。
 名誉町民の方は、年齢規程は明記されていないのですが、よほどの事が無い限り、『出ない』というか『出せない』ものだと思います。
 功労者ですが、自分の記憶では、第1号がニッカ創業者の竹鶴さんでは無かったかなぁ・・・と思いますが、時代も流れ、町の発展のために尽くされた方を表彰したい。だが、年齢的に、現役世代では、よろしくないのではないか。
 というような考えがあって、年齢の明記もあるのではないか。と想像しています。ですが、平均寿命も伸びている事から、受賞者が増える傾向にあるのではないか。とも推測しています。

 
ハチロ代議士の来賓挨拶。 土屋議員も来て写真撮影をしていましたが・・『写しても歪んでいる〜』と言っていました。室内で、望遠なら、手のひらサイズのカメラじゃぁ、お話しにならないですよ〜

 さて、具体的な表彰者の選出については、表彰審議委員会が収集され、『各団体への問い合わせ』文章が発送されます。
 そして、各団体から推薦された方が、表彰審議委員会の中で、審議され、決定される。という流れとなっています。
 当然ですが、この委員会の中で「いかがなものか」となれば、表彰はされない。という事となるのですが、この委員会の中の審議経過は、ほとんど外部には出て来ないものです。

 
受賞者を代表して謝辞。ちなみに、功労者の中で、年頭の方が挨拶するという決まりになっているそうです。で、無事、緞帳が降りて、閉式となりました。

 さらに、その時々によって、また、各団体でも内部的な取り決めや、申し合わせもあるようで、例えば、議員は、『原則、現職の時はもらわない』というのもあります。
 また、順番としては、貢献彰を受賞の後、功労賞の受賞となるパターンも多いようです。


 さて、今年の表彰式では、功労者の方が7名。貢献者の方は10名と1団体。昨年叙勲された方が7名と、多かったです。
 顔触れを見れば、まだまだ現役の方もおり、今後も、余市町発展のために、ご尽力頂ければ。と感じております。

おまけ・その1
 
先日、『煙、上っている〜』との通報で、消防車が出動しました。火災では無かったそうです。また、今日も同じような状況が消防車が出動していました。うーん、火には注意しましょう!

おまけ・その2
 先日の定例会で、町道認定の議案があり、産業建設常任委員会に付託されました。場所は、冷水トンネルが開通して、道道が切り替えられて、旧道というか、カーブのキツイ道路が道道から外される関係で、町道となるのですが・・・
付託になったのだけれども、本会議で質問をして・・まずは、現地確認という事で、先日、通ってみましたが・・・・盲腸みたいな道路ですね。

自分は産建委員ではないから、直接的には質疑が出来ないのだけれども・・・さぁて、どう判断しましょうかねぇ・・・
ちなみに、新しく開通した冷水トンネルを通って、赤井川に抜けて、すぐに戻ってきました。以前より、安全で早く通り抜けが可能になりましたねぇ〜
 
写真は、左はトンネルに入る直前、右は、出る所で、トンネルから出たら余市町ですね。