他の参加報告をみる

参加報告 平成24年6月25日UP
      ☆健康診断・ガン検診☆

 年度は4月1日からですが、なんだかんだとやって、要約、落ち着いて来るのは6月に入ってから。というのが、行政的な流れ・・・なのかどうかは、よく分かりませんが、毎年、余市町としては、この時期に健康診断が行われます。
 
 平成20年から制度が変わって、自分の所には案内が来なくなった関係で、しばらくやっていなかった事もあり、また、今回、50歳になった事もあって、町から大腸ガンの無料クーポン券が送れて来た。という事もあって、健康診断に出掛けましたぁ〜

 
 今回の健康診断は特定検診という事で、5月末現在の対象者数としては4623人となっています。
 今回の期間は6月21日から25日までとなっていて、335人が受信、率としては7.2%となっていますが、国の目標は65%となっており、かなり低いというのが現状です。

 この検診は40歳〜74歳までの国保加入者が対象とされていますが、希望すれば、国保以外の方も受信出来ます。
 で、今回、たまたま役場から大腸ガンの無料クーポン券が送られて来たので、「どうせなら、全部、受けましょう!!」という事で、受けました・ちなみに、検査料は・・・全部で1万円近くかかってしまいましたが・・・・まぁ、しばらくガン検診も受けていなかったので・・・・

 大腸ガンのクーポンは、国の制度によって、行われており、40歳から5歳刻みで60歳までの方が対象とされて、余市町の該当者数は1342名となっています。

 
役場の保健師さんに、問診を受けて・・・・まぁ、その後は一人なので、カメラを向ける暇が無いので・・・胃カメラ用のバリュウム〜の写真しかありませんが・・・

一応の流れとしては、受付・役場保健師の問診・身長体重測定・腹部計測・心電図・医師の問診・血液採取・尿の提出・便の提出・肺のレントゲン・胃のレントゲン・・という流れでしたぁ〜
 え?自分のサイズですか?胸囲100・腹部100・ウエスト100という、ずん胴体系ですわぁ〜

 今日は検診者も少なく、待ち時間無しに、スムーズに行ったので、30分くらいで終了しました。

 皆さんの使われた医療費と収めている保健税は密接な関係があります。医療費がかかると、保健税も高くなる。という仕組です。
 自らの体を守る事は、オサイフも守る事になるので、みなさん、健康診断を受けましょう!!

本文とは関係ありませんが・・・
 
先日、自宅の軒先に・・・おろ?蜂の巣が出来掛けていました。棒で叩いて落としましたが、中からは大きな蜂が一匹だけ、飛んで行きました。後で調べた、スズメバチの巣のようでね・・危なかったぁ〜