他の参加報告をみる

参加報告 平成24年5月17日UP
     ☆第21回 北後志消防大会☆

 午前7時に、消防のサイレンが鳴っていたのに気がつかれた方も多かったと思います。
 今日の午前中、運動公園自由広場と体育館を会場に、第21回北後志消防大会が開催されました。
 
8時半過ぎに会場に行くと、パレードも終わって、準備万端、開会を待つだけでした。
水槽は小型ポンプ放水競技に使われるための水です

 

 午前7時にサイレン召集、午前8時には消防車両によっての町内パレード、午前9時前には会場に整列して、開会です。

 
余市町長と副町長で、渡辺副町長は、副町長になったので、消防の制服が当たったんです。役得ですわぁ〜
 
人員報告の後、国旗を総監(余市町長)から手渡されて、国旗掲揚です。
 
ところで・・・こんな所に掲揚ポールなんて、あったたかなぁ・・・


 
次に観閲となり、総監以下、来賓が歩いて団員の前を通り、観閲ですが・・・前列しか通りませんでした。3列に並んでいたので、全団員の前を通れば良かったのになぁ。と思って見ていましたが・・・

 
総監も、その都度、登壇して、敬礼という事で、忙しいです

 さて、本日の部隊編制としては、総員270名の参加で、大隊長に余市消防団の団長で、4個の中隊編成。1中隊は3個の小隊編成となっていました。
 第1中隊は、全員、余市の団員。第2中隊は積丹と古平の団員。第3中隊は仁木と古平の団員。第4中隊は赤井川の団員と余市と仁木の女性団員で構成されていました。

 
北後志という事で、来賓も多く・・・5町村の消防団旗で、地面に杭が打たれ、それにくくりつけられています。

 いよいよ競技開始です。まずは小型ポンプ操法です。
 
   隊長に『開始』の敬礼
          古平消防団
 
   
赤井川消防団              仁木消防団
 
  積丹消防団  余市消防団。余市と古平が黒い制服で、後は青なんですねぇ
 
まぁ、これは、別段、水を使うわけではないのですが、基本形という所ですね。
 


 ポンプ操法が終わって、いよいよ、放水競技となって・・・町村どうしの闘争心に火が付きます〜
 ちなみに、今日は天気が良く、風も無かったのですが、放水競技の前から、風が強くなってきました。これが、微妙に影響したようです・・・


 
標的はドラム缶に浮いている、漁業用のウキを、ドラム缶から落として時点で終了です

競技は町村別で、まずは古平消防団からスタートです〜
 
整列の後、号令と同時に、持ち場と任務を遂行します〜
 
エンジンスタート、恐らく、空冷(水冷式だと、重くて運べないからでしょうねぇ)2サイクルエンジンでしょう。放水開始で、エンジンの回転数も上ると、白煙もスゴイですよねぇ〜
 
目標、ドラム缶!!放水者は、恐らく、水で目標が良く見えていないのでしょう。指揮者が、指示を出して、放水をしています。

次のチームは・・・同じ服装なので、見た目では分かりません・・・
 

 
ドラム缶に注水すると、浮き球は浮いて来ますが、浮いた所でタイミング良く、当てないと、落ちないんですよねぇ・・・


 
積丹消防団、今回の競技で優勝でした。時間は40秒くらいで、2位と10秒程度の差がありました。ちなみに、肩に担いでの放水は、このチームだけでした。
 


 
 
最後は余市消防団でしたぁ
 

競技が終わって、その後、消防車を使っての一斉放水〜
 
ちなみに、風下に居た人は、一気に退避をしていました〜


野外での最後の演習の分裂行進となり、そのまま、体育館に入ります〜

 
大隊長を先頭に、本部要員、各団旗、各中隊と行進が続き・・・
 

 
団員の最後は女性消防団員です。男性団員は同じ制服のようですが、女性団員は、仁木町はスカートで、余市町はスボンの制服でしたぁ〜 そして、ラストには、各町村の消防車両と続いて終了しました。

 
余市町の議員には案内状が届いていたと思いますが、あまり来ていませんでした

運動公園での演習という事で、偶然、通りかかった住民の方等が見学をしていましたが、観客としては、少なかったです。
また、パレードの場所としては・・・確かに、移動が少ないのは良いのでしょうし、また、参加している団員も楽であることには違い無いとは感じています。ですが、この手の大会は、やはり住民の方に目がふれなければならないのではないか。とも感じますが、どうでしょうねぇ?


体育館の中に移動して、各種の表彰、そして、挨拶が行われ、消防大会は無事終了しました。
 

 
余市消防団がもらった、金の纏い、も会場にありました。消防団にとっては、誠に有り難いというか、優秀な消防団との証しなんでしょうねぇ〜

 


 春になって、火事や事故、そして、季節的には山菜採りもあって、そのその行方不明者の捜索もあって、消防も休む暇なく、活動しています。
 ・・・消防や警察は暇にこした事が無い。と思うのは私だけでしょうかねぇ・・・

 ちなみに、余市消防署には、本年度、新型車両が導入される予定ですが、いつになるのかなぁ・・・