参加報告 平成23年12月26日
     ☆新党大地・大地塾&大望年会☆

 今年もまもなく、終わろうとしていますが、過日、案内が届いたので参加しました。
 鈴木代表が1年間、別荘で過ごされ、戻られてこられて、道内各地で積極的に各行事に参加されているようです。今日が札幌という事で、多くの支持者の方と、また、熱気にあふれた会合となっていました。

 どの範囲で案内がされたのは、よくわかりませんが、余市町からも数名が参加していました。

 当日はクリスマス寒波の影響で、余市町も朝から大雪でしたが、札幌市内、西区に入ると、道路にも雪がありません。うーん、チョット地域が違うだけで、こんなに雪の降り方も違うんですねぇ〜


当日は小型カメラしかもっていかなかったので、あまり望遠がきかず、写真が小さいのですが・・・これでも、最大望遠なんですが・・・
 
                    司会は代議士の浅野代議士です
と き 平成23年12月25日 日曜日 
じかん 午後3〜
ばしょ 札幌プリンスホテル 国際館パミール

 
     松木代議士、徳永参議院議員と挨拶が続き・・・

 
おまちかね、鈴木宗男氏の挨拶・講演となりました。宗男節は現在でしたし、人を引き付ける話というのは、こうでないとダメだなぁ。と感じました。


その後、会場の移動して・・・というか、会場を半分に仕切っていて、講演が終わって、衝立を取り払い、望年会となりましたぁ〜
 
            挨拶は石川代議士で、最近、結婚されたそうです。

『カンパイ!!』という事で、今期の統一地方選挙で大地の公認・推薦で議員となられた方が全員ステージに上がりました。
 
挨拶にテーブルを回られた、徳永参議院議員とパチリ〜・・・さて、参議のブログ(当選前です)に自分の写真が使われていしたまが、さぁて、自分の事は、覚えておられましたかねぇ?

『政治は弱いもののためにある』とは鈴木宗男氏の言葉ですが、まずは、議員は、自らの考える所を明確に述べるべきだと考えいます。


 どちらにしても、激動の平成23年も、まもなく終わります。
 日本も激動の年であり、震災からの復興、原子力の問題もあります。そして、アジア的には、お隣の国でも、様々な出来事が・・・・世界的にも、ヨーロッパを中心とした、経済の不透明さが増しています。
 国際的な事はよくわかりませんが、国内の問題は、やはり『政治』の問題だと感じています。
 ・・・そして、余市町にとっても、やっぱり激動の一年というか、今年を受け、来年以降をどうするのか・・余市の政治も、また、岐路に立っていると感じています。

 とにかく・・・今年一年、ひろかずHPをご愛読頂き、ありがとうございました。
 ある面では、情報の垂れ流し・・・ですが、来年も発信して行きたいと考えております。

 
みなさん、よいお年を!!

・・・・除雪しなきゃ><

他の参加報告を見る