他の参加報告を見る
参加報告 平成23年6月30日UP
    ☆6次産業推進セミナー☆
 
 嶋町長の公約でもある、『6次産業の推進』に関して、セミナーが開催されました。


月日 6月30日 木曜日
時間 午後6時〜午後8時
場所 余市町中央公民館3階
 
スケジュール
第1部 基調講演セミナー 講師・きのとや社長 長沼昭夫 氏
 
有名なお菓子店社長ということで、現場の目から見た『おいしいお菓子』を販売している立場から、『余市の洋梨は、大変、おいしい!』との事でした。

第2部 バネルデスカッション
テーマ 『めざそう余市の6次産業化』
 
コーディネーター
 黒川晃次 氏 後志農業改良普及所主任普及指導員
パネリスト
 長沼昭夫 氏 きのとや社長
 岩松宏之 氏 ホテル・ポールスター札幌調理部副支配人
 宮野秀子 氏 JAよいち女性部長、
        よいち町農産物加工研究連絡協議会会長
 嶋  保   余市町長
 
カメラ位置が遠かったので、望遠にすると、暗かったです・・・ちなみに、本日の参加者は130名あまりと、多かったですょ

 『6次産業とは?』と聞かれた場合、『1次産業+2次産業+3次産業=6次産業』と自分では答えますが、『1次産業×2次産業×3次産業=6次産業という公式も成り立つ』とのコーディネーターの方が話しておられました。
 うーん、なるほど〜と思いましたし、この点が頭の固い所だなぁ。と感じてしまいました。
 物・物事を見るときに、角度の問題、また、見方の問題なのでしょうが、物体をどう見るか?、これが6次産業のヒントとなるのだなぁ。と改めて感じました。

 
                    
質疑応答もありました・・・

 コーディネーターの方も『今日のパネルデスカッションは、結論を出すものでは無い』との事を最初に言われていましたが、余市町の様々な素材をどう生かして行くのか。そして、それをどう売り込むのか。というアィデアを出し合って、形を作って行くものだと、改めて感じました。

 どちらにせよ、新しい町長の元、夢を出し合い、議論して行くべきだと考えます。