他の参加報告を見る
参加報告 平成22年4月18日UP
      ☆余市宇宙記念館再オープン☆

 昨日は色々あって、HPに手が回らず(^^;)・・・・
 
 さて、1年間の余りの休館の時を越えて、余市宇宙記念館の再オープンにこぎつけ、昨日、4月17日、土曜日 午前9時からオープニングセレモニーが行われました。
 
   カメラマンなので、他の議員の写真は撮影するんですが・・・辻井議員

 
時間になったので、来賓も着席・・・全議員は・・揃ってはいませんでした・・

 
   上野余市町長の挨拶       子供たちには水ヨーヨーのプレゼント
 
  余市町の農家の生産者直売所もオープンしています。ご利用下さい〜


祝辞は5名でした・・・
 
                      渡辺余市町議会副議長
 
      中村道議              市橋道議
 
財団法人日本宇宙フォーラム理事長   余市宇宙記念館再生検討委員会会長

 
余興ではないのですが・・・バグパイプ演奏がありました〜
 
一応、私は来賓となっていましたが、最初から着席せずに、後ろから撮影していました。
報道カメラは・・・4台ありました〜


開会の花火ではなくって、ロケット打ち上げでオープンです
 
 小型の方は、火薬?で打ち上げられていて、おなじみペットボトルは水力と空気圧で飛んで行きます
 

 昨日と本日の各社報道等にも取り上げられていましたが、一度、解散した第三セクターが自治体の直営で再度オープンする。という事は、珍しい事でしょうが、議会としてもそれなりの議論をして来ました。
 私は所属していませんでしたが、再開に向けての特別委員会を設置して、何度も協議。また、私は予算委員会では、宇宙記念館の事項では、人事の件、売店の件の質問をしています。

 この施設に対しては、住民の意見としても再開論と不要論がありましたが、では、不要とするならば、この施設をどうするのか。という問題もあります。
 では、再開し、今度は直営という事で、当然、収支に関しては問われない事となりますが、やはり、この御時世ですので、収支は問われると感じています。

 今回の再開に向けての条例採決に当たっては、建設当時は議会を二分したのですが、今回は全会一致となりました。
 私としては、特別委員会に所属している訳でもなかったですし、また、無会派という事で、委員会での質疑の情報も無く、採決に際しては、非常に迷いました。
 採決に際しては、賛成・反対の他に、退席という手法をとる事も出来ましたが、最終的には、退席せずに賛成に回りました。理由は、「可能性にかけてみる」だけでした。


式典終了後、本日は無料デーという事で、入館・・・
 
観光案内所のiセンターも野外から宇宙記念館の玄関に移動しました。以前は雨漏りのする建物でしたが、今度は、しっかりと屋根があるのですが・・・・う〜ん、一日、陽が当たらないのは、チト、寂しいですね〜


建物の内部はさほど変わっていませんが、コンピューターや映像ソフトは新しいものになっていました。
 まぁ、この業界も、変わり続ける速度が極めて速い・・・という事で、それについて行くのは、大変だとも感じています。
 
                  宇宙でのトイレ・・・だそうです
 
                    宇宙ステーション希望の1/20の模型
 
話題?の3Dもあって・・・・メガネを渡されます。カメラでは写りませんが、立体画像になっています。ちなみに、メガネを外して肉眼で見ると、画像は、だぶっているんですね。

 

 入館料は大人500円となっています。以前は1200円で各種の乗り物も乗れましたが、今回は、乗り物"はありません。
 500円の入館料金が高いか安いかは、微妙な所ですが、普段みられないものがあり、また、小規模ながら3Dも見ることが出来る・・・と考えたら、まぁ、こんなもんかなぁ・・と感じています。

 まぁ成人には受けないかもしれませんが、子供たちは間違いなく『面白い』と感じるであろうと推測しています。

 余市町の道の駅は、全道のランキングで真ん中より、少し上。となっています。これで、記念館がオープンすれば、やはり道の駅としては珍しい部類に入る事も会って・・・もう少しランキングも上がって来ると考えます。
一画には太古の文化財も展示されてあります
 
 宇宙記念館の出口は、売店となっています。でも、一度、この扉をくぐると、記念館の内部には戻れませんので、ご注意を!!

売店に移動して・・・
 
 以前からお土産として人気のあった宇宙食は今回も品揃えも豊富で・・・個人的な感想としては、う〜ん、羊羹ってホント宇宙に持って行くのかなぁ(??)

 

 もう一つの目玉として、フゴッペ洞窟のグッツもあります。けっこう人気のようですが、残念ながら、フゴッペ洞窟では売っていません。お手数ですが、ここまでお運び頂ければ、とってもレアな記念品になります(^^;)v

 

 今は、時期的に農作物もありませんが、6月からは各種果物狩りも出来ますので、余市宇宙記念館にお運び下さいm(_ _)m