他の参加報告をみる

参加報告 平成21年10月11日UP
    ☆開運文化財めぐりスタンプラリー☆

 あまり宣伝されていなかったようですが、余市町教育委員会社会教育課が企画・主催をした『開運文化財めぐり スタンプラリー』が開催されました。

 この企画は、北海道文化財保護強化月間の協賛事業としても行われたそうですが、まぁ、早い話、身近にある文化財を知ってもらおう。また、開運巡りも合わせて行う。という企画です。

 10が並ぶ日というおめでたい(??)日という訳で、10月10日、午前10時に旧余市福原漁場に集合、余市町の文化財施設の共通入場券を購入、その後、6カ所の施設を巡ります。
 
・・・・と、いう訳で、私も共通入場券を購入して参加して来ましたぁ(^^;)

 開会式?は福原漁場の中庭で行われましたが、福原漁場は集合場所で、幸福・開運巡りは、余市神社がスタートです。
 
開会式?というか注意事項の説明があって・・   余市神社からスタートです〜

10月10日は、昔は体育の日で、晴れの特異日だったように記憶していますが・・・
自転車で移動する方、また、ランニングで移動される方もおられました〜
 
    
幸田露伴の碑
今日は各所に職員が張り付いて、説明を行っています

 
  
福原漁場で・・・パンパン〜〜家内安全・商売繁盛・(^^;)・・・一獲千金

    
   運上屋             神棚の前には番頭さんか・・・
 

 
                        
武者幟?でしょうねぇ・・
 
運上屋の隣のモイレ神社。御神体は、余市神社が預かっているそうで、普段は扉は閉じられていますが、弁財天が御祭されているんでしょうねぇ。

 
幸福巡りのコースの中には、普段入っていない水産博物館。じつは、ここの1階にも神棚があります。きちんとお参りしてきましたかぁ?

 
三吉神社も、普段は無人でスタンプ台も無いのてすが、今日はこの企画に合わせて、お参りが出来ました。

さて、最後のフゴッペ洞窟。ここでの室内撮影は、出来ない事になっています。よって、出入口だけの写真ですが・・・・この施設が建設されていた時は、チョクチョク来ていたのですが、久々に中に入ってみました。
 
 異次元空間とはいいませんが、秘的な場所であって、これが作成された時、どんな生活をしていたのだろうか?と考えさせられます。



 さて、今回の企画では、終了後に開運グッズがもらえる事になっていました。一応、先着50名となっていましたが、参加者は50名には届かず、全員、もらえる事となりました。
 
 『招き猫の開運カードはサイフの中に』『曲玉は、身に付けていれば良い事があります』との説明でしが・・・・・
 ・・・ちなみに、この曲玉、自ら、作らなければならない、つまり、一つ一つがオリジナルになります。・・・・正に、宝物・・・・かなぁ・・・
 
全部回ったぞ〜\(^^)/ きっとイィことがあるよ〜