他の参加報告を見る
参加報告 平成20年11月4日UP
      ☆農業委員会地区別研修会☆

 北海道農業会議と各地方農業委員会連合会が主催する『平成20年度 地区別農業委員会等研修会』が開催されました。

月日 平成20年11月45日 火曜日 
時間 午後1時30分〜午後4時
場所 後志支庁 2階講堂

 今回の研修会は、本年7月に改選期を向かえた事により、新人研修というか、農業委員会の組織・機構、並びに法令の説明がメインの研修でした。

 
今朝は初雪を向かえて・・・・
町のバスで出発です〜           稲穂峠山も雪景色となっていました

 

稲穂峠の山頂トンネルを抜けて共和町に入ったら・・・いゃ〜トンネルを抜けると除雪車が入っていました
 
             倶知安峠を降りて、倶知安市街地は、もう冬でした・・・・
倶知安町内は夏タイヤでは、走行出来ないですねぇ〜
 

会場は、満席でしたが・・・以前より少なくなりました・・・
 
          主催者を代表して、倶知安農業委員会会長の挨拶でスタートです

 現在、道内の自治体数は180ですが、農業委員会がある自治体は170で、173の委員会があるそうです。委員会数と自治体数が合わないのは、合併によって、一つの自治体で4ッの委員会があるそうです。

 農業委員も、定数削減によって、以前は3000人を越えていたそうですが、前回の選挙で2778人、今回の選挙を終えて2477人まで少なくなりました。
 ちなみに、今回の選挙では道内では12の委員会で投票が行なわれたそうです。


本日のテキスト・・・
 
質疑応答『政権が変わったら、農政も変わるのか?』との質問でした。それに答える職員『そんなに急激には変わらないと思います。両党のマニフエストを比較した時、答えは同じでも、プロセスが違います』との事でした。

 農業情勢も目まぐるしく変わる昨今、北海道の場合は、一次産業が元気にならないと、活性化しないです。農業者のために、地域のために、そして、北海道のために頑張って行きましょう!!