他の参加報告を見る

参加報告 平成15年11月15日 
  余市JC(青年会議所)オープン例会

  ☆郷土史ビデオ『風と大地』上映会☆

 議会予定の個所で広告していましたが、余市JCのオープン例会が日程通りに開催されました。
 

 

上映日 11月15日 土曜日 
場  所 余市中央公民館大ホール 
時  間 午後2時30分〜 (開場・午後2時〜)
後  援 余市町 余市町教育委員会

 
受付ではアンケートも配られました        JC役員のお出迎え




 この風と大地は1982年に、余市JCが、余市町の明治以前から現在に至るまでの町の発展(歴史)をまとめたスライドフィルムとして作成されていたものですが、時代が経過し、保存可能な状態に限界が来ており、本年、新たにデジタル(CD)化が行われ、その完成試写会でした。

 
          正調ソーラン沖揚音頭保存会によるソーラン節の披露

   次  第
1 オープニング〜 余市町正調ソーラン沖揚音頭保存会
2 開会
3 理事長挨拶
4 1982年製作スライド「風と大地」ダイジェスト版上映
5 デジタル化担当委員長挨拶
6 2003年版「風と大地」上映
7 謝辞
8 閉会

安宅理事長の挨拶               1982年版の上映
 

以下は2003年版です
 

 

 

 


 新旧の比較では、HP上では分かりませんが、デジカメで撮影していた時の光量がまったく違います。つまり、2003年版の方が、圧倒的に見やすいという事です。
 上映時間は30分程度でしたが、江戸時代から明治・大正と余市町がどのようにして発展して来たのかというのが、分かりやすく説明されており、内容的にも、画像や構成を含め、大変素晴らしいものでした。
 理事長の挨拶では「小中学校の授業でも1時限の中で使ってもらえるような時間で作成した」との事でしたし、正に、余市の歴史をまとめたものだと思い、各種授業やチヨットしたイベントで、上映出来るものだと思いました。
 必見ですので、機会があれば、是非ご覧になって下さい。