平成14年10月6日・日曜日
 ☆第18回・余市町健康祭☆

 第18回の余市町健康まつりが開催されました。公民館の総てを使い、実施されました。
月日  平成14年10月6日(日)10:00〜14:30
場所  余市町中央公民館

 
手作りのポスターです

1.開催目的
 『健やかで潤いと安らぎのあるまちづくり』を推進するため、各団体・各個人がふれあいや連携をとおし、健康づくりを町づくり・地域づくりとして考えることを目的とする。
2.健康まつリスローガン
  『健やかで潤いと安らぎのあるまちをつくろう!』
3.実施内容
 @町民の健康や暮らしに関わる行政の保健・福祉専の取り組み、及び、各団体の活動の紹介や報告の場として位置づけ、自分自身の健康の確認や各々の活動の交流を通じ、健康で明るい家庭づくり・地域づくりを考える機会とする。
  A8コーナー設置
 
                     1階受付風景
4.共催団体18団体(昨年度16団体)
北海道倶知安保健所・余市医師会・余市歯科医師会・余市薬剤師会・余市栄養士会・余市町保健推進委員会・余市町食生活改善推進員会・余市町幸住学園・作業所希望の家・余市町身体障害者福祉協会・余市町呆け老人を支える家族の会・「在宅介護支援センターかるな・在宅介護支援センターフルーッシャトー・よいち川は心のシンフォニーの会・本のひろば・余市町子育て支援連絡会・はまなす学園(再)・余市町日赤奉仕団(新規)
5.主催:余市町健康づくり推進協議会
      余市町  余市町教育委員会
6.後援:北海道新聞社余市支局
7.協賛:ドラックストアさとう

 公民館の全館総てを使い、開催されました。
野外(正面入口近辺)
 非常食の試食コーナー
 
日赤奉仕団による非常食の炊き出しです。灯油の釜で炊いていました。

1階

 子育てコーナー 本の広場 (和室)
       各コーナーでは、スタンプラリー受付のハンを押してくれています。
 
保育所の保母さんが、子供たちのお相手をしてくれていました。


 介護用品展示コーナー
 
大ホールには各種介護用品の展示が行われていました。
 高齢者コーナー
 
                      1階風景
 “はまなす学園”“幸住学園”コーナー
 健康フォーラム(13時〜・大ホール)
 お楽しみビンゴ(14時〜・大ホール)


2階
 心と体の健康コーナー(会議室)
後志歯科医師会コーナー。いつもお世話になっている、歯医者の先生方です。
 


 
                           
2階ホール風景
 食と健康コーナー
 
今日のメニューです。
 
リンゴジュースは山田町の農村活性化センターからの提供で、絞り立てのジュースです。

松原議員はお手伝いをしていました。ちなみに「朝の6時から手伝いに来ていて、朝食代わりだょ。」お味はいかがでしたか
 
                          2階風景
3階
 健康チェックコーナー(大会議室)
 
コンピューターによる計測です。身長・体重の計測の後、握力、平行バランス、垂直飛び、起き上がりの瞬発力のテストです。 う〜ん70才台と計測されてしまいました。
 


 心とからだの健康コーナー(大会議室)
 

 環境と健康コーナー
 健康チェックコーナー


 午後1時からは、大ホールにおいて、『生活習慣病とその周辺』と題しての講演が行われました。
 
健康フォーラムでは、イスがほとんど埋まっていました。

 入場無料と試食(数量限定)も出来て、老若男女を問わず、たくさんの住民の方が集まっていましたょ。ちなみに、総合受付をされた方は、約300名だったそうです。

 最後に、役場民生部としては、9月30日の臨時議会から、4日の献血運動と休み間もなく、出ずっぱりでした。大変、ご苦労様でした。

他の町角写真を見る