参加報告 平成19年9月26日Up
       ☆19年秋の献血運動☆

 9月25日、火曜日、午前9時40分〜午後4時まで、愛の血液助け合い運動が実施されました。
 余市町の献血量としては、人口当たりで見るとトップクラスです。なぜなら〜といえば、各団体が色々と頑張っているからです。
 先日、新聞にチラシも入っていましたが、この献血は、余市町善意献血協会が主催しており、この団体の会長は、余市協会病院の院長が就任されています。
 で、団体とは、余市青年会議所と余市ライオンズクラブが共済する形を取っています。もっとも、街頭宣伝をするのは、青年会議所です。
 
雨の中、呼び込みご苦労様です。余市JC!  若い力で・・・呼び込みと献血も・・
 
私も、一応、形ばかりの呼び込みを・・・
 

 
                 
分るかなぁ?昼過ぎには、アラレが降って来ました
さて、今日は前線の通過で、朝から雷が鳴って、土砂降りの時もあり、最悪の状態でした。こんに日は、献血を訪れる方も少なく・・・・・

という事で、私も献血をする事にしました。
 
  
最初の検査でございます〜       ぶっとい針が・・あ〜ぁ痛かったぁ〜
 実は、毎回、献血をするのですが、事前の検査で「血が汚い!!」とは言われませんが、肝臓数値が高くて「次回に〜」と言われていましたが・・・・なんと、今日は「OKですよ」と言われました。うーん、10年振くらいの献血となりました〜
終わってスッキリ〜 血の気が多いから、抜かれて良かった(??)
 
                     
終了後はジュースと、お礼のハミガキ粉

最終的な献血量としては、献血された方が138名で58.1リットルでした。

 

他の参加報告を見る