参加報告 平成18年10月21日UP
       ☆議員会研修視察☆

 余市町の議会では、議員会という議員全員で構成する“会”を作っています。
 この会は、以前は、町の補助金等がありましたが、時代の流れとともに、その補助金も廃止され、現在は、各議員の報酬の中から、毎月、一人、6千円の積立をして、それで運営をしています。
 この積立金の中から、今回の視察にかかわる経費や、また、議員控室のお茶代等が出されています。
 
  
移動途中の金山パーキングで一休み。こちらも、以前は町のバスを使っていましたが、こちらも時代の流れもあり、民間バスを貸切るようになりました。
 さて、議員研修会は、毎年一回、バスを仕立てて、先進地の行政視察等を行っており、今年は滝川市で、滝川市活力再生プランの研修という事になりました。


 時代の流れもあり、『議員視察は必要なのか?』という町の声もありますが、私は、必要だと考えています。ただし、その目的や、視察をしたその結果報告ではないか。と考えています。
 
   滝川市役所に無事到着。ここはビルの10階建?でしようか・・・・

 今回は議員会の視察ですが、余市町議会の各常任委員会では、2年に一度、4泊5日の委員会視察をしています。
 私は、後期、産業建設常任委員会の所属となり、また、委員会の副委員長という事もあり、後期の産建委員会では、町の50年振の水道浄水場更新という事業もある事から、最新の浄水場の視察をする事となりました。
 そして、その報告書については、委員会単独で編集発行する事となりました。
 無論、その作業は、副委員長である、自分がする事となり、視察には、ノートパソコンとデジタルカメラを持参して行き、移動途中も含めて、入力をして行きました。
 そして、議会事務局には誤字脱字のチェック等をしてもらうだけに留めました。
 
滝川市役所の一階にはベビーカーの貸し出しも・・・子育て応援課という課もあるんですねぇ
 ただ、現実的にこの作業が出来る議員は、限られるでしょうし、また、これらの作業が出来るようにならなければならないのも、これからの議員は、求められるのでないでしょうか。
こんな感じで研修をしました        渡辺議員会長の挨拶
 


他の参加報告をみる