参加報告・平成17年8月4日UP
    ☆フルーツシャトー増設落成式典☆

 余市町黒川町85−65にある、社会福祉法人よいち福祉会の『フルーツ・シャトーよいち』で、特別養護老人ホーム・高齢者グループホームの増設がされ、この度、落成式が行われました。

 北後志には、余市町を中心に、老人ホームやグループホームがありますが、現時点で申し込み待機者が200名を越える状況が続いています。
 今回の施設は、平成15年に新たに30床の増設が決まった事から工事が始まりました。

 さて、今回の落成に当たり、落成式が行われることになり、北後志5町村の町村長と余市町の議員が招待され、午前10時20分から施設見学会、午前11時から落成式が行われました。

施設の方に許可をもらい、新施設の撮影させて頂きました。

たまたま玄関で一緒になったので・・・
吉田豊議員・安宅議長・野呂議員・吉田浩一 
 
        チョット遅れて、渡辺副議長も来ました。

受付をして、施設内の見学です。
 
一人用のリフトで入浴出来ます
 
リフトを利用出来ない方のために、座ったまま、シャワーを浴びることも出来ます

一般用のお風呂です。ちなみに、“勘一”“お宮”という名前が付いているそうです。
 

脱衣場にもトイレ完備です
 
                     介護スタッフ用のPHSです

益子積丹町長・上野余市町長・三浦仁木町長
 
この施設のコンセプトは『自然の光を豊富に』との事で、天井からも光が入って来ます。
 
                   ホールからは中庭が見れます

今回増設されたのは4ユニットあり、それぞれ、黒川町・美園町・大川町・港町と名前が付いていました。
 
                  乾燥機も設置されています

 
           個室には、洗面ユニット付きです


落成式には、多くの方が集まっていました
 

よいち福祉会理事長の挨拶
 


式典は30分程で無事、終了しました。新しい施設には、改良された器具も導入され、利用する側も、そして、介護する側にとっても、使い勝手の良いものであろうと推測しています。

上野町長と安宅議長の祝辞
 
 安心して介護が受けられる事、それを待っている人がおり、そして、この施設が活用される事は非常に喜ばしい事です。
 ですが、その反面、これからの時代、介護より介護予防が強く求められる時代に入り、その中で、既存の施設がどう生かされて行くのか。どう生かして行かなければならないのかが、問われる時代となって来たと感じています。



他の参加報告を見る