他の参加報告を見る

参加報告 平成16年7月22日UP
☆地域開発特別委員会・ワッカケトンネル視察☆

 この項目にUPする事が適当なのかどうかは分かりませんが、このページにUPします。
 余市町議会では、総務文教・民生環境・産業建設・議会運営委員会の4つの常設委員会の他に、4つの特別委員会を組織しています。
 沢町小学校建設推進・議会改革活性化・町村合併問題調査、そして、地域開発調査の特別委員会があります。
 常設と特別の違いですが、“特別に審議を必要とするもの”を特別委員会で議論する事となり、委員会の名称で、どんな内容を審議するのか?という事がだいたい想像されると思います。

 さて、本日開催の地域開発特別委員会は、調査目的として
@小樽・余市間国道新設改修について
A国道5号、国道229号の整備事業及び同事業に伴う市街地再開発について
B余市バイパス(余市環状道路)、国土開発幹線自動車道(北海道横断自動車道小樽黒松内間)建設について

 の主に道路建設や改修にかかわる事項が調査目的となっております。


 さて、本日の委員会ですが、現在進んでいる、または、具体的な計画が目に見えている工事区間の報告・現地視察が行われました。

@国道5号線関係
 土木現業所前から仁木町までの290メートルの歩道設置事業
  工事費 7356万円  

A国道229号線関係
 福原漁場前から役場側の410メートルの歩道設置。尚、歩道設置は3メートル幅で山側のみ。  工事費6145万円


B国道229号線ワッカケトンネル改築工事
 事業概要 施工場所  白岩町〜潮見町
 事業期間 平成15年度〜平成18年度
 総事業費 30億円
 総事業量 トンネル延長910メートル

  平成15年度までの事業内容
    事業費 3億円
    事業量 トンネル抗口付近切土 用地買収・補償
  平成16年度〜平成18年度までの事業内容(3箇年一括発注)
    事業費 27億円
    事業量 トンネル抗口付近切土 用地買収・補償
        トンネル本体工 河川切替工
となっています。


 さて、当日の委員会ではワッカケトンネルの現地視察を行いました。
 
 工事は潮見町側から始まっており、この地にあった民宿平安さんは無くなっています。茶色のバリゲートの所が、平安さんの跡地です。
 白い四角の建物と、隣の円柱ものは、コンクリートをこの場所で作ります。
 正面の地肌が白くなっている所の中腹にバックホーが停車して作業をしています。この場所がトンネル入口になります。
 

↓新自治研究会からは、私の他に、野呂・吉田豊議員がメンバーとなっています
 
                   
  担当課長から説明を受ける

 新トンネル白岩町側出入口近辺        現在の白岩側出入口
 
 白岩町の言われですが、ご覧のとおり、岩肌が白くなっています。石灰岩?で出来ているために、白くなっています。もしかして、掘り進んだら、巨大な鍾乳石群があるかもしれません。

 さて、この潮見町は奇岩であるローソク岩があり、反対側の白岩町にはえびす・大黒岩があります。
   
ローソク岩、正式名称は観音岩   えびす・大黒岩、正式名称は夫婦岩 
 
 新トンネルは白岩町のバス停近辺に出入口が出来るために、えびす・大黒岩は、まったく見えなくなってしまいます。また、ローソク岩も、古平側から来た場合、滝ノ間トンネル出口の後方に位置するために、気が付かないでしょうし、また、新ワッカケトンネルが完成した後でも、気が付かないで通過してしまう可能性もあると思います。
 この229号線は落石の危険が多分にあるために、海岸縁のトンネルが全て新しくなったために、海岸線が見られなくなってしまいました。
 安全な通行を確保する事と、景観確保とは必ずしも一緒にならない。という所に道路行政の難しさがあると感じています。まして、国の事業という事になれば、悲しいかな町議では太刀打ちが出来ない。という事になります。
 
 本日の委員会では、この他の項目についても資料提出等があり、その質疑も行われましたが、その事項につきましては後日、報告したいと考えています。