参加報告 平成16年5月27日UP
    ☆16年度春の献血運動☆

 毎年恒例になっている献血運動が5月27日実施されました。
 余市町では献血する人の割合が多く、15年度では36回の献血車が来ています。
 
 
              
沢信金の前で・・・
 このうち春と秋の2回は新聞チラシを入れて、また、各団体に協力を願い、運動をしています。

 各団体のうち、中心的に活動をしているのは、余市青年会議所であり、当日も多くのメンバーが来て、様々なお手伝いをしています。
JC理事長以下、全員で頑張っています
 
 この事業には余市ライオンズクラブも協力しており、私もライオンズクラブのメンバーとして、車を出して啓発活動をしています。ちなみに、JC時代から、毎年、お手伝いをさせてもらっています。

 
 15年度の北海道の献血率(人口に対する献血者の割合)は6.3%となっています。管内で一番高いのは、赤井川村で8.4%となっており、余市町の割合は3.6%と管内では2位となっています。
 しかしながら献血した人数となると、赤井川村では202名に対し、余市町は1420人と飛び抜けて多く、人口の割合からいえば、飛び抜けて多くなっています。

 本日の献血も最終的に受付をした方は248名で、70リットルの血液が寄せられました。ご協力ありがとうございました。


他の参加報告を見る