他の参加報告を見る

参加報告 平成16年11月6日UP
  ☆後志地区地域子ども会育成者研修会☆

 余市町には、地域子ども会育成者連絡協議会(通称・町子連)という団体があります。組織的には、教育委員会に所属し、事務所は中央公民館にあり、専属の担当者がいます。
 この勤務者は主に学校退職者、つまり、元先生が多く、青少年対策室として、町子連の事務や登校拒否児のケア等を行っています。
 
今日は公民館でのイベントが多かったですが、町子連の看板が一番小さかったです

 さて、余市町の子ども会(小学生)の組織ですが、おおむね、区会と連動している事が多いのですが、少子化もあって、休眠している子ども会、さらには区会の枠を超え、合併をした子ども会もあり、現時点で31子ども会、子ども数としては1090人という事になっています。

 町子連という団体は、一口で言えば、各地区の子ども会の上部団体であり、その上に後志地区、北海道となり、各種行事を行っています。
 この団体が主催する行事としては、余市町ではクリーン作戦(ゴミ拾い)、ドッチボール大会(11月21日実施)、カルタ大会等があり、カルタ大会は全道規模で行われます。
 前置きが長くなりましたが、本日、後志地域子ども会育成連絡協議会(後志子連)が主催する、研修会が開催されました。

開催日 11月6日 土曜日 午後1時30分〜午後3時45分まで
場  所 余市中央公民館 201号室
演  題 「子どもの権利条約を知っていますか」
   ・条約の内容 講師、小樽市人権擁護委員協議会会長 松田一郎氏
   ・「人権」思想への育みは家庭から
           ・・・だめだめコント 小樽市人権擁護委員6名
参加費 無料

町子連会長の高橋会長の挨拶
 
           
余市町教育委員会からは教育次長が出席していました
 人権委員さんは、日頃、子供会等を回り、子供たちに対し『こういう事はいけないよ』というような事例を、子供向けにコントや劇を交えて、講演をするそうです。
 本日は、対象者が、各地区の子ども会育成者(子ども会の役員)・PTA役員等であり、大人向けにアレンジをしていましたが、日頃の活動内容が分かる内容でした。

小樽市人権擁護委員協議会会長 松田一郎氏による講演
 
           
私も地区の子ども会の役員をしているで参加しました

 人権擁護は国の組織としては法務省に属しており、各地に相談所があり、今回のメンバーは『子供の人権』という事で活動しているそうです。
 
  
手作りでやつています。大人でも引き込まれる程の熱演?でした
 

 最後に、『時間と場所を提供頂ければ、無料で出張し、講演します』との事でしたので、子ども会の行事として企画されたら、面白いと感じました。


おまけ・1
 今日の研修会は公民館で開催されていましたが、公民館の各階ホールでは、各種の展示もしていました。
 


おまけ・2

 この他、今日の公民館では、旭中学校ブラスバンド部の定期演奏会が午後4時から入っていました。町子連の研修会が早く終わった事もあって、ちよっと、お邪魔し、ことわって、写真を撮影させて頂きました。
 私の所は東中なので、旭中は校区ではないために、日頃の活動は良く分かりませんが、けっこうな部員数がいるんですねぇ。テレビ・映画の影響で、部員増加傾向なのでしょうか。でも、こういう活動が盛んなことは、大変、良いことだと思います。
 


おまけ・3
 台風の影響なのでしょうか?はたまた天変地異の表れなのでしょうか?
 台風18号の後、各地で『花が咲いた』という報道もありましたが・・・・
 ハタと気がついたら、うちの庭の木にも花が咲いていました。カリンの木なのですが・・・・。台風で実の9割が落ちて、でも、残ったものは収穫済みでした。来年は、どうなるのでしょうかねぇ?