他の参加報告を見る

参加報告・平成16年10月4日UP
   ☆余市町交通安全住民大会☆

 秋の交通安全運動が実施されていますが、これに合わせて、余市町でも住民交通安全大会が開催されました。
 
 公民館で午後1字30分から始まり、3時30分まで開催され、その後、交通安全の啓発となっていました。
 余市町には『交通安全母の会』という会があり、今日の集会はこの会が主体的に行っていました。

 
母の会の会長は我が会派の松原議員でした      宣言文の朗読

 さて、この手の大会は、形式通りに進み“宣言文の採択”で終了なのですが、実は、ここからが違いました。
 交通安全母の会のメンバーによる、寸劇が行われ、拍手喝采です。テーマは『夜光反射財を付よう』との事でした。会場を暗くして、傘やバックに反射財を付ての熱演でした。
 
さらに、交通安全音頭”なる踊りも披露されました。

 
ホール入口には各種の反射材がおいてあり、参加者にも配られていました。

 
議員では、佐藤敏議員と土屋議員だけが来ていました
松原会長自ら、解説をしています
 


 母の会”の熱演が終わって、次のプロクラムは、北海道警察の現職婦警さんの交通教室?です。交通安全の専門部署のようで、参加者の緊張をほぐしながら、運動をしたり、信号クイズを出したりしました。
 


 同じころ、公民館2階では、道路の渡り方?の練習がありました。
 
パソコンと画面が連動していて、車種・速度・台数を入力して、手前のマツトを歩きます。で、画面の車に引かれると、衝突となります。

 
 公民館の大会を終了した後、北海信用金庫本店前の国道5号線で、交通安全の啓発となりました。母の会のメンバーと、余市町の管理職も出ていました。
 ということで、町長・助役も旗をもっての啓発でした。

 最後は車でのパレードで全日程は終了となりました。交通事故には、充分注意しましょう。でも、季節は10月という事で、野外は結構寒かったです。