他の独り言を読む
独り言 平成28年10月26日UP
   ☆民生環境常任委員会、先進地行政視察☆

 少し時間が経過しましたが、所属する民生環境常任委員会で、先進地の行政視察に行ってきました。

 議会の行政視察は、常任委員会3つと議会運営委員会の計4つの委員会で実施され、この4つの委員会は任期2年となっています。
 常任委員会は、ダブって所属することはできない事から、2年に一回は、視察に行ける事となり、これに議会運営委員会に所属している議員は、もう一回、行く事となります。
 さらに、予算配分の関係で、一年に2つの委員会が行くことになっています。

 
 18日、大型クレーン車を用意して、配管を引き上げます。最初は鉄製の配管だったのですが、次に入れたのがステンレス製の配管でした。そして・・・今度はグラスファイバー製という事で・・・これだけで、普通乗用車の上のランクの車が買えるくらいの金額がします。そして、あくまでも、配管の交換だけでした。

 ちなみに該当する議員が、全員参加するのか?と言えば、けっしてそんなことはなく、不参加の場合もあり、自分の場合は過去の視察では、参加しなかった事もありました。
 
 引き上げた配管は・・・汚れはありますが、結果としてですが、使用には問題はありませんでしたぁ〜

 不参加の理由は色々ありますが、体調の問題、また、自分の場合は、仕事の関係があって、参加していなかったのですが・・・今回は、委員長職を預かっていることから、行かなければならず、結果として、仕事は・・・温泉入浴業の方は、定休日も合わせて3日間、お休み〜にしました。

 で、もって、連休を利用して、温泉ポンプの汲み上げ用の配管交換をしました・・・でも、やっぱり、行かなきゃ良かった・・・と感じたのは、視察から帰って来てからでした・・・・

 さて、出発は10月17日・月曜日で、20日・木曜日までの3泊4日。視察地は静岡県2か所、山梨県1か所。移動は往復飛行機で、行きは、富士山静岡空港着で、帰りは、長野県松本空港でした。現地に到着してからの移動は、行程の関係もあって、18日からジャンボタクシーでした。

10月17日、千歳までは町のバスで移動です。
 

 
 飛行機はFDAということで、フジ・ドリーム・エアラインズの略でした。
横4列で21列、80人チヨットの定員の飛行機で、ローカル空港専用に飛んでいる、航空会社でした。正直に言えば・・・飛行機は、あまり得意の方では、無いんですよねぇ・・・

 昼過ぎの乗車で、無事、静岡県に到着。掛川市に到着して、一泊です。
 
 満月・・・だったのかどうかは、よく、わかりませんでしたが、月が綺麗な夜でした。ちなみに、この町は、街灯があまりなく、夜、歩いていても、足元が見えなかったです。


 さて、余市町も様々な課題がある中、民生部門としても課題は多いのですが、人は産まれ、老いて、そして、終焉を迎える事は、自然の流れであり、それぞれにおいて、少子化の問題、老後における介護の問題、そして、余市町としても斎場(火葬場)の新築立て替えの要望も多く、本年度、この斎場建設における基本計画の策定に入った事から、所管委員会としても、独自調査をするという視点から、この3点に絞って、先進地といわれている自治体を訪問し、研修をする事としました。
 確かに、ネット上では、様々な情報があるのですが、やはり、「現地に行ってみなければわからない」という事もあり、現地で説明を受けて、そして、質疑応答をする中で、新なる発見もあり、そして、余市町にも参考に出来る事例があれば、参考にしてゆく。というものです。



 さて、10月18日から研修開始という事で、掛川の隣町の森町に移動。ここでは、介護の問題で、『地域包括支援事業』について研修をしました。

 視察は時間厳守という事で、早くても、遅くてもダメなので、早めにホテルを出て、森町に入りました。そして、森町の役場にお邪魔する前に、時間調整もあったので、1500年を超える歴史がある、天宮神社に立ち寄ってみました。遠州の小京都といわれている森町だけあって、町の歴史というものを感じます。
 
 午前10時より研修を受けました。
 
 研修は10時から11時半までで研修終了後、森町役場の前で、記念撮影を1枚。ちなみに、この町では、「アユ」が捕れる。という事で、余市町とも共通点がありました。

 その後、移動して伊豆市の火葬場の研修で・・・場所柄、7人が写っていたら・・・という事で、建物をバックではなく、施設の玄関前で、山をバックに撮影です〜
 
 今晩は、伊豆に宿泊という事で・・・・宿からは出歩かず・・・今晩も月が綺麗な夜でした。


 日付変わって、19日、自分は、毎日、6時には起きているので・・・早起きをして、近くを散歩して来ました。
 由緒ある神社仏閣も多く、修善寺に行ってみました。こちらも1200年余りの歴史という事です。ちなみに、このお寺、手水があったのですが、手水は温泉でした。
 
 移動して、富士山のすそ野を通ったのですが・・・昨日も今日も、富士山は・・・見えませんでしたぁ・・・

 場所が変われば、「へぇ〜」と思う事が・・・高速の精算機は、人がいなくて、自らお金を入れるタイプで・・・これじゃぁ、エラク、時間がかかるでしょうねぇ・・・
 
 山梨県の北杜市に到着。ここでは出産と子育て関係の研修です。
 ちなみに、8町村が合併した市という事で、看護師・助産師の数が多く、また、産院は市内には無いのですが、助産院があるそうです。
 
 北杜市役所の研修を終えて、写真を1枚。市役所の正面玄関を出たら富士山が遠くに見えます。
 ちなみに、この市は、サントリーの工場があり、ワインブドウの栽培と小規模ワイナリーも多数ある地域でした。
 
 町を移動していたら、看板は小さいですが・・・韮崎助産院の電柱広告の看板がありました。

 
 さて、視察に行くと、それぞれの自治体で、資料を用意してくれていますが、付属のものもあって・・・・町の宣伝物が入っている場合も多く・・・
森町は、資料を入れる袋は・・・ちょっと、硬い素材で・・・枠を切り取ると、A4のファイルケースとなるしろものでした。

伊豆市は、中に絵ではなく、写真ハガキが入っていました。
 
そして、北杜市はボールぺンでしたが、これには、ビックリ〜 ボールペンの中に巻紙が入っていて、引っ張ると、宣伝チラシが・・・考えているよねぇ〜
 


10月19日、研修後、移動して、松本市に宿泊。20日の昼の飛行機で帰路につきましたが、今日も早起きだったので、ホテルの側の国宝・松本城まで、徒歩で移動して見てきました。
 
 町中を歩くと、様々なものが見られますが・・・城下町は、違いますよねぇ・・

 
 そして、午後、またまたFDAで帰って来ました。ちなみに、来るときはオレンジの機体でしたが、帰りはピンクの機体でした。
 無事、千歳に到着しましたが・・・・風が強かったのと、機体が小さい・・・ので、着陸時は、ジョットコースター並みに・・・ゆれていました。

 うーん、すっかり、船酔い状態になってしまった視察でしたが、大変、参考になった視察でした。

 ・・・配管の交換工事は・・・無事終わっていたのですが、翌日からの営業のため、準備をしていたら、色々と調子も悪く・・・結果として、布団に入れたのは、午前2時30分でした。
 視察そのものは、大変、良かった先進地視察で、勉強になりましたが・・・やっぱり、4日も空ければ・・タイヘン〜・・という事ですね・・・

 以上、民生環境常任委員会、先進地行政視察でした。