独り言 平成26年4月15日UP
    ☆アクセス30万件☆

 余市町のホームページ開設者の中では、おそらく一番のアクセス数を誇ると自負していますが、ついに、30万件アクセスに到達しました。
 よくここまで来たなぁ。と思う反面、読んでいて、『面白しろいなぁ』とは感じないホームページを、よくアクセスして下さっている。と思っており、感謝申し上げます。

 アクセス30万件となられた方は、平成26年4月14日・月曜日 午前8時7分44秒にアクセスされた方で、最近、アクセスされた方のようにお見受けしました。ありがとうございました。

29万件から30万件までのアクセス分析
解析対象期間 : 2013/12/03 00:09:13 〜 2014/04/14 23:28:11
総アクセス数  10628
一日平均     79.91
平均アクセス間隔 18分1秒に1アクセス
一意の訪問者  1384
再訪問      9244
再訪問率      86.98%
再訪問までの平均間隔 12時間10分54秒

月別アクセス状況
2013年12月 2050
2014年01月 2091
2014年02月 2133
2014年03月 2776
2014年04月 1578

曜日別アクセス状況
日曜日 1047
月曜日 1860
火曜日 1624
水曜日 1681
木曜日 1625
金曜日 1652
土曜日 1139


 この期間で最もアクセスが多かった日は、14/03/31 (Mon) 234 となっています。これは、この日は暫定予算の成立という事項があり、アクセスが集中したのだと思っています。
 さらに、3月28日の本会議で予算案が否決された日から、2週間のアクセスは以下のとおりでした。

解析対象期間 : 2014/03/28 00:05:56 〜 2014/04/10 23:58:06
総アクセス数  1876
一日平均     134
平均アクセス間隔 10分44秒に1アクセス
一意の訪問者   277
再訪問     1599
再訪問率     85.23%
再訪問までの平均間隔 10時間21分26秒

14/03/28 (Fri) 117
14/03/29 (Sat) 150
14/03/30 (Sun) 106
14/03/31 (Mon) 234
14/04/01 (Tue) 173
14/04/02 (Wed) 177
14/04/03 (Thu) 115
14/04/04 (Fri) 133
14/04/05 (Sat) 144
14/04/06 (Sun)  94
14/04/07 (Mon) 147
14/04/08 (Tue)  98
14/04/09 (Wed)  93
14/04/10 (Thu)  95

 通常の場合、土曜・日曜日は50アクセスくらいしかないのですが、この週は連日100オーバーと、ビックリ〜でした。


 今、選挙においてもネット選挙が解禁となって、より、身近になったとは思いますが、アクセスが多くなるのは、『結果』や『その経過』を知りたい時に増えます。

 今回の新年度予算案の否決を受けて、28日から、急にアクセスが増えて、いつもの倍のアクセスがありました。

 正確な情報がほしい。という事でアクセスして来るのだと考えていますし、また、それに応えようと考えて、作成する側としても、無理をしている訳ではないのですが、相等の分量となって、さぞ、読まれる方は、苦労していると思います。
 『読むのに大変』という意見や『単に、長いだけだべや〜』と思われている方もいると思います。
 ですが、議会の話というのは、その場に至る経過があって、その背景が解らなければ、正確な情報は伝わらない。と考えています。

 ちなみに、3月というか、2月末から始まった議会では、その都度、質問用紙を作成しており、また、各団体の事務局もやっていて、役員会と総会の案内文と資料の作成。さらに、議会が終わってのホームページにUP・・・・おまけに、ニュースの作成も、いつもは原稿段階で18ページとなっていますが、今回は色々あったので、今のところ23ページにも達しています。
 おそらく・・・ここ一カ月あまりで、100枚の原稿入力はしていると思っていますが、いゃ〜、足も疼いていますが、腕も背中も張って来ています。


 ここまでやる必要も無い・・・とは思っていますが、なぜかしら、やってしまう・・・のは、なぜなのか・・・自分でも、分かりません。


 さて、暫定予算でスタートした新年度。つまり、3月議会は、まだ続いている。という事です。
 今のところ、いつ、修正された26年度予算案が提案されるのかは、まだ、分かりません。
 また、98条が付与された総務文教常任委員会は、来週に、委員会が予定されているそうです。
 どちらも、早くやらないと、特に、新年度の予算は、遅れれば遅れるほど、良くない結果に陥る可能性があると考えていますが・・・・

 ちなみに、これから提案される修正予算案が、万が一否決された。とするならば・・・・・
 町長が辞任するか、または、町長は議会の解散を宣言するのかのどちらしかないと考えます。

 今年が町長選挙の年ですので、町の声としては『議会も解散して、一緒に選挙をやれ』という意見もあります。
 ですが、否決から発生したとするならば、どちらかしかありえない。辞任を表明した町長に議会の解散権は無い・・・と思っています。
 また、仮に議会を急に解散したとしても、すぐに選挙という事では、新人が出る準備が出来ない。という事もあって、過去の議会解散をしても、再選して来る顔触れは、ほとんど同じであって、こうなると、初議会の後、すぐに町長不信任が出されてしまう・・・という事例が多いのではないか。と考えます。

 ただ、どちらにしても、住民不在の町政という事になるのではないか。と考えます。

 ちなみに、『予算の否決は、新たな町長候補者の前触れではないか』という意見を持たれている方もいるようですが、予算の否決の背景には、それは「無い」と見ていますし、さらに、現時点で、具体的な候補者氏名も上がって来ておりませんし、ウワサも耳にしていません。
 また、同時に開催される議員の補欠選挙も、具体的な名前も、まだ上がって来ていません。
 昔は、町長選挙ともなれば、新人の場合は、一年も前から、後援会の設立から始まって、それなりの動きがあったのでしょうが、今は・・・まったくありません。
 新聞にも『首長選挙の大半が無投票』という記事がありましたが・・・・

 ・・・早く、この事態にケリを付けたいなぁ・・・


他の独り言を読む