独り言 平成26年1月1日UP
      ☆平成26年によせて☆

 みなさん、明けましておめでとうございます。今年一年が皆様方にとって、良き一年になります事を、そして、余市町も発展して行くことをご祈念してやみません。

 さて、昨年も議員活動として、ニュース発行・ホームページの発信と更新・議員報告会の開催と、この3ツにつきましては、なんとか休まず、行うことが出来ました。

ホームページの更新は
ニュース    6回
壁新聞     7回
独り言    13回
一般質問    4回
町角ショット 31回
参加報告   24回
 合計    85回の更新を行いました。単純計算すると4.3日に一回の更新という事となりました。

 
初詣は、行かれましたか?元旦営業という事で、午前5時台には目が覚めてしまったので、起きてしまいました。
 除雪はさほど、無かったので、時間もあったので、初詣に行って来ました。
 朝7時前ですが、さすがにこの時間は、あまり訪れている方はおりませんでした。

平成25年ホームページアクセスログ分析
解析対象期間 :
2013/01/01 00:05:18 
  〜 2014/01/01 09:11:45

総アクセス数  30698 
一日平均       83.87 
平均アクセス間隔   17分10秒に1アクセス 
一意の訪問者   3796 
再訪問     26901 
再訪問率       87.63% 
再訪問までの平均間隔  7時間19分47秒 


カウンターの正式数値は・・・
2013/01/01 00:05:18  260831
2013/12/31 21:44:14  291517

月別アクセス状況 
2013年01月 2703
2013年02月 2628
2013年03月 2891
2013年04月 2569
2013年05月 2287
2013年06月 2548
2013年07月 2536
2013年08月 3083
2013年09月 2677
2013年10月 2442
2013年11月 2120
2013年12月 2205



曜日別アクセス状況 
日曜日 2883
月曜日 5176
火曜日 5037
水曜日 4783
木曜日 4876
金曜日 4807
土曜日 3127

アクセストップ3
1月 6日 152
8月 1日 164
8月12日 155

 掲示板の方は、書き込みが少なく、都合4回の書き込みで、うち自分が2回、返信で書き込んでいます。
カウンターは、24年12月31日 61944
       25年12月31日 64111 でした。

 
どんど焼きは7日と14日で、今年は火曜日ですね。

 さて、今年は2014年、平成25年となります。皇紀2674年。大正では103年、昭和では89年です。干支では、31番目の甲午(きのえうま)となっています。


 今年の予定としては、2月にソチオリンピックと3月にはパラリンピックが開催され、4月に入り、ウィンドーズXPのサポートが終了します。そして、60年前はと言えば・・・

 60年前は、1954年・昭和29年で、この年は・・・

 1月2日の一般参賀で、皇居二重橋で、将棋倒しの事故が発生。3月には、遠洋マグロ漁船が米国の水爆実験で放射能を浴びた福竜丸事件。9月には台風15号による、青函連絡船洞爺丸沈没、その二日後には、岩内大火が発生と、大きな事故が発生した年でした。
 また、誕生したものは、明治製菓が日本初の缶入りジュースを発売。海外進出を果たしたゴジラも誕生しています。
 政治的には、鳩山一郎が率いる日本民主党が結成されており、前年に合併促進法が施行された関係で、昭和の合併が進んだ年でした。

 また、120年前ですが、1894年・明治27年であり、朝鮮半島でも情勢不安定な年であり、日本海軍が連合艦隊を編成。日清戦争となり、大陸や黄海での戦いが行われた年でした。


 『歴史は繰り返す』とするならば、大きな事故や自然災害、また、海外との軋轢の発生の年となるのかなぁ・・・・とも推測出来ますが・・・

 
今年は午年という事で・・・ちなみに、絵馬を掲げるボードも用意されていました〜

 さて、余市町の今年ですが 町長選挙の年です。日程等はまだ決まっていませんが、8月の後半から9月頭が投票日という事になると考えています。
 また、渡辺正治議員の逝去に伴う、議員の補欠選挙も同時に行われます。ちなみに、議員の方の任期は、27年8月末という事で、1年程の任期となります。
 現時点での情勢ですが・・・・

 町長選挙に関しては、『だれか出馬させなきゃダメだ』と言う方はおりますが、具体的に、『だれ』という名前までは、出ていません。
 一昔前の町長選挙では、1年前くらいから、後援会が立ち上がり、全町、くまなく回ったものですが、まぁ、今は、そんな事は・・・無くなった・・訳では無いのでしょうが、まぁ、やらなくなった。と思っています。
 ・・・つまり、まだ具体的に動きはないでしょうし、現職が動くのは、6月定例会が終わってから。という事になると思い、それらの関係から考えれば、新人が名乗りを上げる。とすれば、新年度に入ってからかなぁ・・・・と推測しています。

 ちなみに、現職の嶋町長が2期目に名乗りを上げている・・・訳ではないので、おそらく、3月の定例会の代表質問か一般質問の中で、質問する議員がいるでしょうから、この時の答弁の中で答えると推測しています。

 
   
参拝も終わったので、帰って・・・除雪ですね〜

 さて、議員の方ですが18名中、17名で1名減ですので、1名の議員補欠選挙をしなければなりません。
 通常の場合、また、余市町の議員定数が18名ですので、3名が欠員となった場合、補欠選挙をしなければなりません。
 ですが、首長選挙がある時に、議員の欠員がある場合は、同時に補欠選挙をしなければならない。という法律があります。
 これもまた、選挙の投票日から前後の関係もあって、色々なのですが、今回の場合は、必ず、実施しなければなりません。

 では、現時点で、名乗りを上げている立候補予定者がいるのか・・・一応、名前が出ている方もおりますが、果たしてどうなのか・・・は、まだ、分かりません。
 渡辺正治議員の補欠という事で、渡辺議員は共産党だったので、共産党は、候補者を立てると考えています。ですが、こちらも、具体的な候補者氏名も、聞こえて来ていません。 
 町長・議員のどちらも、1名の届け出であれば、無投票で選挙は終了。という事になります。
 ですが、町長が無投票で議員が投票という事となれば・・・・問題は投票率という事になります。

 町長選挙が無投票になった場合、議員補欠選挙の投票率は極端に悪くなると考えます。また、町長選挙が投票になった場合は、それなりの投票率となるのでしょうが、それでも、そんなには高くならない。多くても1万票前後を争う事となると考えます。

 そして、一般的にですが・・・・共産党が候補者を立てれば、公明党も・・という事になるのかどうかは、微妙でしょうが、その可能性もあり、こうなれば、どちらも組織選挙という事になるでしょう。

 最近の選挙では、投票率が下がって来ていますが、共産党も公明党もどちらも、基礎票として2千票はあると考えています。また、旧社会党系も2千票はあると考えます。
 つまり、基礎票で2千がなければ、勝負にならない。いう事になると考えています。

 町長選挙も投票となった場合、町長選挙には行くでしょうから、当然、議員の方も、だれかの名前を書いて来る。という事によりますが、1万票を争うとすれば、2名なら5千票。3名なら3千票、4名なら2500票という事になると思いますが、基礎票があるかないかで、大きく変わって来ます。
 2名での戦いとなれば、町長選挙並に動かなければ勝てないでしょうし、3名以上なら、組織が無ければ、勝てない・・・という事になるのかなぁ・・・とも考えています。

 では、現職の議員は、補欠選挙ではどう動くのか・・・ですが、当然ですが、特定政党の方が立候補すれば、その政党所属の議員は、全面的に前に出て応援をするでしょうが、一般的には、『静観』です。自分の選挙で1年後に控えている時期に、自らの票を分ける。という事は、まず、しないと考えます。
 

 どちらにしても、町長選挙より、議員の補欠選挙の方が、激烈になって来るのではないかなぁ・・・と思っていますが・・・・
 仮に、30歳代や40歳代という候補者が出れば、『当選』の可能性もあると考えますが、議員で町長選挙並の得票を得なければ勝てない。とするならば、これは、口で言う以上にタイヘン〜でしょうし、さらに、町長選挙が無投票では無く、投票という事になれば、これまた、様々な面で難しい選挙となるでしょう。

  また、余市町の『街づくり』という面でも、岐路の年であろうと考えていす。
 無論、町長選挙という事もありますが、高速道路が開通する時期も迫ってきましたし、これに伴う道路の問題や、当然、新しい建物も出来てくると推測しています。
 アベノミクスの恩恵が、余市町にあるのかどうかは、分かりませんが、少なくとも、人や物が動けば、それなりに町も活性化して来るのではないか。と考えています。

 様々な面で『勝負の年』だと考えていますが・・・

 また、昨年は日本全国、毎月のように自然災害が発生していましたが、余市町は、これに当たりませんでした。
 ですが、平成16年には、風速40メートルを超える台風が襲来した事もあったので・・・とにかく、これは、「来ないで下さい」と祈るしかありません。


 今年、皆様が、元気で益々ご活躍をされる事を祈念申し上げます。

 今年も1年、頑張って行きましょう!!


他の独り言を読む