独り言 平成25年11月18日UP
  ☆第10回 吉田ひろかず議員報告会☆

 今回で10回目となる、議員報告会を開催しました。

 議員職を預かるようになって、丸14年を過ぎ、15年目に入りましたが、今回で10回目の開催という事で、なんだかんだとやっても、2桁に入りました。
 年1回の開催という事で、10回という事は10年やった事であり、余市町の他の議員でも、政党という内部では、それなりにやっているのでしょうが、議員個人として、また、一般に周知しての開催という事では、そして、純粋に議員報告会という事で飲食を伴わない議員報告会を開催しているのは、自分しかいない。と自負しています。
 これは、余市町という枠組みは無論の事、他の町村議員はどうなのか?といえば、『やっている』と聞いた話は無いです。
 
相変わらず、看板だけは立派!です。ちなみに。11月に公民館の会場を取るのは、公募美術展があるので、早めに申し込まないとダメなんですよねぇ〜

 まぁ、実施しているのも珍しいでしょうしが、実施している側としては、正直、かなりタイヘンです。

 チラシの配布。ポスターの作成から掲示。そして、当日の看板、受付の準備と、まぁ、毎年やっているので、それなりに手順は心得ているし、また、データはパソコンに入っているので、それの日付等を直して作成すれば良いのですが、やはり、作成は大変です。そして、特にタイヘンなのは話す内容です。

 1時間の講演には、どれくらいの原稿が必要なのか。という事で、今回は、話すような形で原稿をすべて作成しました。そして、出来上がった原稿は・・・・20枚を越えてしまいした。
 一応、どれくらいの時間で話せるのか。と、やってみたら、うーん、こりゃぁ、2時間あっても終わらないなぁ・・・・という事で、15枚まで落としました。

 
アンケート回収ボックスも設置して・・・書いて持参してくれた方もおりました。

 そして、当日に望みましたが、講演時間としては1時間15分くらいでしだが、結果として、1/3くらいは、出来ませんでした。
 
 原稿枚数としては12枚程度。という事となるのでしょうが、次回があるとすれば、やはり、要点を絞らなければ・・・・と考えています。


 さて、この手の集会で、どれくらいの方が集ってくれるのか。は、正に、やってみなければ分からない話であって、当日の天候や他の行事予定等も微妙に影響してきます。
 そして過去の数値としは、20名前後の数でした。今回も「まぁ、前回なみだろうなぁ」と思いつつ、一応、資料としては30部をコピーしておきました。ちなみに、いつもは40部前後は用意していましたが・・・・

 ところが当日、「え?なんでこんなに来るの」というくらい、集まって頂けましたし「うーん、この人、どこの人なのかなぁ?」と顔が分からない方も・・・正直おられました。そして最終的には30名の大台に乗ってしまいました。
 席は、最初から30席しか作っていなかった事もあって、正直、アセリましたが、ギリギリ間に合ったのですが、たいして面白い話をする訳でもないのに、足を運んで戴いて、恐縮してしまいます。
 議会の話というのは、必ず、その前後の話というか、過去の経過があって、現在に至っている。いう面もあるので、その部分も話も聞かなければ理解出来ない。という面も多分にあり、聞いておられる方が、どれくらい理解されるのか・・・
 話す方としても、その点から話したら、本当に終わらなくなり、時間もあるので、どの程度まで話すのか。という判断も難しい中での講演で、けっして、面白い話では無いとも感じています。
 
 そして、なんだかんだと言いながら、結果としては、最後の方はどうしても飛ばしてしまう。尻切れトンボになってしまうのですが・・・・
  

吉田ひろかず 第10回町政議会報告会概要
月日 平成25年11月14日 水曜日
場所 余市町中央公民館 2階
時間 午後6時00分〜午後7時30分

 講演した内容は
◎議員の活動とは?

◎前年はどんな話をしたのか?
 ・平成25年3月の予算委員会から平成25年10月までの議会用様子

◎これからの余市町の問題は?
 〇外的要因の問題
  1)原子力防災関係 
  2)JR関係
 〇内的要因の問題
  1)土地区画事業
   ・25年度の予算委員会では?
   ・今後の審議はどう進むのか
   ・土地区画にかかわるエトセトラ
      高速道路
      何をどう建設するのか
  2)消費税の値上げの余波
   ・システムの問題
   ・余市町は消費税をどうするのか
  3)高齢化の問題・介護の問題
     10月末の人口は、 20537人
     65歳以上の高齢者数  6872人(9月末)
     75歳以上の高齢者数  3700人(9月末)
   ・27年度から新たな期間に入る(保健税と事業の見直し
    入院定数(余市町許可病床数) 380床
    グループホームや特別養護老人ホーム 403床
       施設入所希望者の待機者は何名いるのか
   ・役場の体制 
  4)パソコンの交換
  5)自治基本条例と議会基本条例
   ・町長の公約
   ・議会側の体制と、予想される混乱は
  6)施設の老朽化
   ・保育所   
   ・衛生施設組合 
   ・火葬場
  7)余市町の財政規模は
§一般会計決算状況§
           歳入決算額     歳出決算額     差引残高
平成24年度  84億8116万円  82億0394万円 2億7721万円
平成23年度  86億6512万円  83億5122万円 3億1390万円
平成22年度  85億9196万円  83億5191万円 2億4005万円
平成21年度  92億5716万円  90億6870万円 1億8846万円
平成20年度  78億0686万円  77億5546万円   5140万円


  平成25年度一般会計当初予算 76億5000万円
        11月7日時点  80億4986万円

§公債費年度末額(借金額)§
       平成22年度     平成23年度     平成24年度
一般会計 93億1495万円  89億0330万円  82億3193万円
下水道  98億0102万円  96億3385万円  93億9729万円
水  道 60億6329万円  58億6232万円  57億9569万円
合  計251億7926万円 243億9947万円 234億2491万円


 〇組織としての問題
  1)来年町長選挙
   ・議員の補欠選挙
  2)職員の退職と採用
   職員数 各年4月1日現在
    平成16年  240名
    平成24年  201名
    平成25年  192名  平成25年度採用者数11名

   退職者数
    平成24年度末   16名
    平成25年度末    9名の見込み


◎なぜ再び無会派だったのか

 


 とにかく、報告会も終わって、とりあえず「ホッ」としていますが・・・
 足の静脈炎が再々々・・発して、10日は日曜日でしたが、通院している協会病院に電話をして点滴をしてもらった関係で、そんな悪化はしませんでしだが、14日の当日も点滴をしており、そんな中で開催した報告会。冒頭に「足、痛くなったら、座らせてもらう」とお願いしていたのですが、結果として、座ることはなく、約2時間、座らずに立ったままでした。
 やっている最中を含めて、足の痛みは無かったのですが、これは、一種の興奮状態の中でやっているので、痛みは感じない。という事だったのでしょう・・・
 さすがに終わってから次の日からは、足の付け根から、足首にかけて、痛みが走り、また、膝も痛い〜というのが現状ですが・・・・まぁ、そんな状況です。

会場には中村代議士の川仁秘書さんがお見えになっていたので、ご挨拶を頂きました。
 
無事、終了〜、お見送りをして、終わりです〜。終わってホッとしましたぁ〜

 さて、昨年は大混乱となった決算委員会が、今年も22日の水道決算からスタート、28日まての予定となっています。
 今年の決算委員会は・・・・恐らく・・・予想ですが、ある程度スムーズに行くと考えています。それは・・・・・単に、自分がそう感じているだけ・・・です。

 当日は、鈴木宗男、大地代表より祝電を頂きました。ありがとうございました。

 吉田ろひかず議員を支えるお集まりの皆様、新党大地代表の鈴木宗男です。
 10回目節目を迎える町政議会報告会が盛会に開催されますことを心よりお慶び申し上げます。
 日頃より、持ち前の行動力で地域社会の発展の為にご活躍されており、また、委員会では、民生環境常任委員会に所属し、町民の皆様の声を町政に反映されるべく一生懸命活動されている吉田議員に深く敬意を表してやみません。
新党大地は北海道の地域政党です。故郷(ふるさと)北海道、余市町の為に、しっかりと鈴木宗男なりの責任を果たして参ります。
 最後になりますが、本日お集まりの皆様のご健勝、並びに吉田ひろかず町議の今後益々のご活躍を祈念申し上げ、私からのご挨拶にさせて戴きます。
       元国務大臣 新党大地 代表 鈴木宗男


 お忙しい中、参加して下った方、本当にありがとうございました。 また、参加されなかった方でも、次回は参加、宜しくお願い申し上げます。

他の独り言を読む