独り言  平成25年6月3日UP
      ☆第17回 民生環境常任委員会報告☆

 6月3日、第17回の民生環境常任委員会が開催されました。本日の議題は、委員会視察で、小樽市桃内の北しりべし広域クリーンセンターの視察となりました。
 
 
移動は町のマイクロバスです。
 余市町のゴミ焼却は、以前は、色岩町にあった焼却場で燃やしていましたが、老朽化とダイオキシンに対応出来ない状況になっていました。そして、小樽市と北後志5町村で資金を出し合い、新しい焼却場を作る事となり、平成19年に完成。以後、燃えるゴミは、ここに搬入しています。

 

 町内で集められるゴミは、燃えるゴミ・燃えないゴミ・大型ゴミ・資源ゴミに大別出来ますが、燃えないゴミの中で、アルミ缶やスチール缶については、白岩でプレスをしていました。つまり、白岩の焼却場では、焼却炉は停止されていましたが、施設としては稼働していました。
 空き缶のプレスはプレス機で行いますが、この機械も稼働出来ない状況となり、また、機械を更新するのには、多額の資金を必要とする事から、白岩は閉鎖する事となりました。
 この桃内の施設は、小樽市の全てのゴミ処理をしており、余市町の空き缶を持ち込んでも余力がある事によって、この施設でお願いする事となりました。ちなみに、経費的には、白岩で行っていた時とほぼ、同額となっています。
 
 
施設に到着して、最初に会議室でビデオ等を見てから現場の見学に向います。

 
現場見学といっても、施設内の通路上に窓があって、その窓からの見学です。ちなみに、窓の側には、説明パネルやテレビがあって、これを見ながら、係の方が説明をしてくれます。
 

 

 
ゴミ搬入のトラックは、二重ドアを通り抜け、また、エアーカーテンによって、匂いが外に出ないようになっています。
 

 委員会は10時から開催。移動時間としては往復で40分はかかります。施設見学では1時間以上がかかるので、桃内から帰って来たのは12時を過ぎていました。
 ・・・・という訳でお昼という事もあって、町内のシリパ山が見える所で、全員で昼食となりました。ちなみに、昼食代は、議員報酬から差っ引かれます〜 食事を早めに終わった方は・・・外の風景を撮影に行った方も・・・おりました。で、自分は、それを建物の2階から写していましたぁ〜(^^;)

 


 午後1時からは、栄町の北後志リサイクルセンターの施設の視察です。
 
 この場所には、北後志の資源物が集められます。ペットボトル・ビン・雑誌・段ボールが集められ、分別保管、また、ペットボトルは圧縮されて保管されます。
 

 最後は、北後志リサイクル協同組合の作業所の、容器包装紙の分別作業の視察です。
 

 どの場所でもそうでしたが、おおむね分別は出来ていますが、規定にあっていないものがどうしても混ざっている。という事で、最後はやはり人の手で分別作業か必要となります。
 分別が必要になればなるほど、経費もかかる。という事は、それだけ税金がつぎ込まれる。という事です。

 出来るだけ分別をして、また、間違いないようにお願いしたいものですね。


 さて、視察は日程をこなし、午後2時には役場に戻り、ゴミ関係の質疑を行い、この他に、北しりべし相談支援センターの実績報告。小樽・北しりべし消費者センターの実績報告。小樽・北しりべし成年後見センターの実績報告を受け、それぞれ質疑を行い、午後3時に委員会は終了しました。

                以上、民生環境委員会報告でしたぁ〜

他の独り言を読む