他の独り言を読む
独り言 平成22年3月25日UP
  ☆掲示板へ各種ご意見を頂いた方々へ☆

 様々なご意見、ありがとうございました。

 本日、定例会が終了。無事、22年度予算も成立しました。毎度の事ながら・・・・3月は長い日程で、ホント、イャになってしまいます。


 定例会が終了した後の話題と言えば・・・・年度変わり〜という事で、人事異動が焦点となります。

 今期で定年退職を迎える方は4名との事ですが、余市町についても、数年前から勧奨退職制度が導入された事によって、最終的には9名の職員の方が退職されるそうです。
 さらに、今期定例会において、職員の希望降任制度も導入されました。つまり、申し出によって、役職を降りることが出来るようになりました。
 対象とされる職員は、議会出席義務のある部課長で、数名がこの希望を出したようです。
 現時点ではっきりしている訳ではありませんので、なんとも言えないのですが、どちらにしても、組織の維持という事では、大変になるなぁ。と感じています。

 ご意見として、『民間だったら、会社が危なくなったら、人員整理をしてゆくだろう』『民間と比べたら、役場は人が多すぎる』とのご意見を頂きます。

 確かに、それも理解出来ますが、行政は利益を追求している訳ではありませんし、その中で、基礎となるのは、やはり『人』です。

 ある面では、間違いなく、効果もあるでしょうが、反対に住民サービスの低下。という事にならないのか。という事も懸念されます。


 さて、ご意見を頂きました事項についてですが・・・・


 国会議員を除いて、末端の議員個人には、政策を提案する権利、実行する権利はありません。
 様々な意見をどう理事者に伝え、政策に反映させるか。というのがメインとなります。

 100%無理だろうなぁ。と思っていても、その意見がある以上、それを無視する事も出来ないですし、また、物事には背景、経過もあります。

 自らの考え方もありますが、『それは無理です』『やっても無駄です』と明記したら、どうなりますか。これは、本来の町村議員に与えられている使命を自ら放棄する事には繋がらないでしょうか。

 今回の投稿への回答も、それなりの返信を綴りましたが、HP上では不特定多数の方が見ておられる。その中で、どう記述するのかは、非常に神経を使うものであり、これが元で議会内で『懲罰』等にかかる可能性もはらんでいます。特に、自分のように発信する議員はその可能性が高くなります。

 ご指摘のように、返答に関しては、『明解』でもないですし、読み方によっては、どちらでも取られるような形になっています。
 ですが、よく読んで頂ければ、何を言いたいのかは、ご理解頂けると思います。

 無論、場合によっては100%否定する場合もあります。

 ですが、回答をするに当たっては、『不誠実』ではない。と思っています。
 自己評価ですが、2行3行の書き込みであっても、返答は、印刷したら、A4で3枚〜5枚となる事も珍しくないと思っています。
 読まれる方は、簡単に読むでしょうが、これだけを入力するのは、正直、大変です。

 もっとも、自己弁護をしながら・・・だから、長くなるのかもしれませんが、少なくとも、HPを開設している議員でも、掲示板は設置していない。また、書き込みを禁止している・・・等々の場合の方が多いのではないでしょうか。
 ちなみに、私は、どんな意見でも、管理者が自分の主観で勝手に削除した事は、一度もありません。なぜなら、それが、住民の意見だからです。


 最近は、HPの更新もまた、内容的にもつまらないのでしょうが、それでも、一日70〜100名の訪問者があります。
 少なくとも、それなりに町行政に関心があるから、アクセスして来るのだと考えていますが、どうでしょうか。


 本来なれば、行政側を含めて、また、議員各々も、これだけHP人口が増加している中で、現状としては、余市町では自分だけがやっている。という事で、公になる意見交換の場所が無い。というのが、一番の問題ではないのだろうか。と考えています。

 どちらにしても、誤解を招かないようにして行きたいと考えておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。


 さて、『回答をしていない』というご意見もあるようなので、改めて、この場所で、在来線の問題について、述べたいと思います。

 まず、過日の新聞報道の通り、本日の定例会の中の意見案で、『在来線存続』という内容で、意見案が全会一致で可決となりました。

 で、ご意見のありました、乗降者数の増加については、現状の10倍があれば、JR側も、なんとか納得するのかなぁ。と推測します。
 ですが、これには、沿線の人口として、10万・・・いぇ、15万人は必要でしょう。

 どの統計を見ても、また、近年、町内で亡くなる方と、生まれる方を見た時、年単位で亡くなる方は300名を越えるでしょう。そして、生まれて来る方は150名程度・・・でしょうか。

 だまっていても、間違いなく、人口は減って来ており、現在の経済状況を見たときに、仕事もない。人口が増える要素はありません。

 では、このまま、指をくわえて、黙って、見ているのか?間違いなく、鉄路が廃止となれば、町はもっと寂れて行くでしょうし、逆に、高齢化が進めば、進むほど、公共交通機関は求められます。

 では、どうするのか。ですが、いくら議会が頑張っても、無理な話です。

 在来線の問題は、行政は言うにおよばず、町、さらには地域一体となった活動が無ければ、成り立たない問題です。
 一体となった活動でも、また、第三セクターを含めても、その存続という事は、かなり厳しいです。

 ですが、過去の議会の中では、余市町とJR側とは、浅からぬ関係があったようで、現在の駅舎建設に際しても、JR側の配慮があったと。という発言もありました。
 (これが、前掲での『過去の経過』ですが、私の記憶であり、さらに、個人名も出て来るので、この場所では掲載は好ましく無いと判断しており、詳細は明記しません)
 実際に配慮があったのかどうかは、私には解りませんが、どちらが一方という事ではなく、お互いに誠意をみせあった。という事だと考えています。

 誠意・・・は時代によって変化するのでしょうが、これとて、住民の方の意識の問題もあると考えています。

 行政、議会がどう動くのかは、ある面では、間違いなく、この町に住んでいる方の動き如何であると考えています。
 
 在来線については、以上の通りです。


 
 どちらにしても、明解に答えの出るものは、行政にはありません。政治は万人に対してあるものですが、一人のためだけの政治もあってしかるべき。だと考えています。


 定例会が終わると・・・自分にとっては、正直、議会中より「だるいなぁ〜」と感じています。・・・なぜなら、ニュースを作らないとダメだからです。

 ニュースの発行は、だれに言われる訳でもありません。また、止めてもだれからも言われる筋合いのものでもないと考えています。

 少し話題はそれますが、政治家で問題となっている、政治資金収支報告書ですが、実は、町村議員も、この書類を提出しなければなりません。
 一般的には、収支は『0』です。もっとも、田舎の議員に献金等がある訳でもなく、また、何も活動しなければ、支出も『0』です。ちなみに、選挙の年になれば、選挙用のチラシ等を作るために、『0』とはならないと思いますが・・・・

 自分の場合ですが、ニュースの発行がある事から、これは収支報告に明記しており、収入の方は、自分個人からの献金となっています。
 ちなみに、収支共に『0』であっても、必ず提出しなければなりません。

 『0』の場合は、『0』として郵送でもOKのようですが、数値があれば、チェックがされます。
 提出先は、後志支庁です。つまり、倶知安まで行かなければならない。という事です。

 けっこう面倒なもので、先日、支庁まで提出に行って来ましたが、掲載ページに間違いがあったりすれば、訂正しなければならず・・・・やっぱり間違いがあって、2ページを書き直してきましたぁ(;;)これまた一作業で、面倒なものです。
 

 そこまでして、何があるのか。は、正直、解りませんが、3期目の選挙に当たり、ニュース発行を『公約』とした事もあります。
 議員というより、選挙に出る人は、よく『3期』と言われます。私も現在3期目で、来年は改選期を迎えます。

 ニュースも、また、ホームページに関しても、継続する事が、今は意味があるのだろうなぁ、と感じています。

 ・・・・またまた長くなって、申し訳ありませんでしたm(_ _)m