独り言 平成22年3月13日UP
      ☆アクセス17万件☆

 3月定例会最中ではあるが、通過点の一つではあるが、アクセス17万件を通過しました。

 16万件から17万件までアクセス分析は以下の通りですが、今回の1万件は、いつものペースより、遅かったなぁ。と感じています。
 その最大の理由としては、1月・2月とあまり更新出来なかった。という理由につきるでしょう。

解析対象期間 : 2009/10/31 00:34:19 〜 2010/03/10 23:54:42

総アクセス数 10082
一日平均    76.96
平均アクセス間隔 18分42秒に1アクセス
一意の訪問者 901
再訪問    9181
再訪問率    91.06%
再訪問までの平均間隔 13分50秒

この間の一日当たりの最高訪問数
   09/12月07日 月曜日  176

月別アクセス状況
2009年10月  48
2009年11月 2120
2009年12月 2864
2010年01月 2215
2010年02月 1890
2010年03月  945

曜日別アクセス状況
日曜日 1068
月曜日 1651
火曜日 1630
水曜日 1682
木曜日 1467
金曜日 1466
土曜日 1118


 さて、紙面ニュースを見ておられる方からは『新しいの出来たかい?』と聞かれることがありますが、正直、そんなに作れるものではありません。
 また、広報の一部として全戸に配布されている『議会だより』と比較して、意見を頂く場合もあり、総じて、『吉田さんのニュースの方が分かりやすい』という意見もよせられます。

 議会だよりは、限られた紙面で、各議員の発言を公平に扱わなければならない。また、スペースの関係で、審議の結果だけを伝えるにとどまっているのが現状です。
 議会だよりを含め、広報は全戸に配布される事から、1万部くらいを印刷しなければならない。また、1ページ当たりの単価もあって、経費という側面もあります。

 議会での議員は『どうやって住民周知をするのか?』という発言がよくあり、答弁としては『町広報やホームホページを使って』との答弁です。
 以前はホームホページという媒体が無かったので、以前よりは、町の情報が出ているのでしょうが、町BBS等の不特定多数の書き込みの中には、間違っている情報も少なくない。と感じています。

 パソコンを始とする、携帯電話の普及、さらには、テレビもデジタル化が進んでいる事から、情報を伝える。という事は、以前よりは、その手法も、量も間違いなく増えているのでしょうが、用は、だれがそれを責任を持って発信するのか?という事だと感じています。

 どちらにしても、言うは優しく、行うは難しく・・・・・でしょうね。


 さて、3月定例会が4日から開催されています。

 定例会は告示されると議員の元には、議案が配付されるのですが、初当選して当時、「いゃ〜分厚い書類だなぁ」と感じたのですが、今は「年々、薄くなって来ているなぁ」と感じています。
 まぁ、予算が無くなった分だけ、事業も出来ず、事業がなければページを埋める事も出来ない。という事で、必然的に薄くなるのは解るのですが・・・・なんとも言えない感想です。


 3月の定例会は、各種補正予算、一般質問の他に、新年度の執行方針に関して、各会派代表質問があります。
 議会日程は順調に進んでいて、代表質問も終了。来週からは、いよいよ予算委員会に入ります。

 代表質問とはどんな事をするのか?ですが、町政執行方針と教育行政執行方針に対し、年末・年始にかけて各会派からの提出された建議・要望書と、どうリンクしているのか?という事を正す質問となっています。
 会派ごとで実施するルールとなっている事から、無会派の自分は出番が無いのですが、その会派というか、制作し議員の個性が出るものであると感じています。

 代表質問は、質問時間が40分以内というルールがあるのですが、今回はありませんでしたが、持ち時間をギリギリまで使う議員。10分程度で終わる議員。また、大筋だけの質問する議員、反対に、すべての事項に対して、詳細に答弁を求める質問をする議員。また、事例として国会の様子を述べる場合も少なくなく、様々な内容ですが、ある程度、聞いていれば、だれが作者か?という事も推測出来ます。

 質問時間は40分ですが、答弁には制限時間が無く、質問の数だけ答弁をしなければなりません。

 町政執行方針は町長、教育行政執行方針は教育長が答弁という事になるのですが、質問個数としては、教育委員会は1/10くらいしかなく、すぐに終わるのですが、町長の方は、それは数が多くて・・・・

 ご存じの通り、町長の病状としては障害が残っており、その中での答弁となるのですが・・・
 今回の場合、町長は最長で1時間20分の答弁をしており、答弁中は、片腕が不自由という事もあって、水差しの水は置いてあるのですが、その水を飲むことも無く・・・・
 健常者であっても、1時間を越え、立ったままでの発言は、非常に疲れる話であって、1時間を越える頃から「大丈夫か?」と感じて、それは他の議員も同じように感じていました。

 答弁書は役場職員は持っているので、あと、どれくらいあるのか?という事は分かるのでしょうし、また、代表質問という事で、質問書は、質問した会派はあるのでしょうが、他の会派は、答弁がどの程度の所まで行っているのかが、まったくわからず・・・・

 最終的には最後まで休むことなく答弁を終えましたが、町長の責任感というのもあるのでしょうが・・・・難しい所だと考えています。

 今までは順調でしたが来週からは予算委員会という事で・・・・以前は、深夜に及ぶ議会もあったのですが、今は、遅くとも午後6時頃で終われると考えていますが・・・さて、如何に・・・・


他の独り言を読む