独り言 平成21年11月1日UP
        ☆アクセス16万件☆

 今まで、月平均、8回前後くらい、色々なネタで更新していたが、10月は更新する『ネタ』が無くて、3回目しか更新出来なかった・・・・

 なんだかんだと言いながら・・・16万件を向かえました。
 平成21年10月31日、午後2時1分にアクセスされた方が、16万件目でした。ちなみに、携帯電話からのアクセスのようですが・・・


 更新するネタが無い?訳ではないのだが・・・・


 暇ではないが、行事的には視察月間と決まっている訳ではないのだろうが、どの議会でも視察が多く、また、全国的な大会が多く組まれる傾向にあるようであり、これは、議長会や市町村会等の首長会議も同様な傾向にある。

 議員としては不まじめな?自分としては議会視察にあまり参加していないこともあって、その関係のUPが出来ない。また、議会的には視察に行っている委員会、また、議長、町長が不在であれば、議会や委員会等の開催も出来ない・・・・という場合も多い。

 つまり、行政的なネタが無い。という事になる。

写真は本文と関係ありません・・
 
9月25日、秋の献血〜 広報車で回っていましたが、気がつきましたか??
ちなみに、『肝臓数値が高い』との事で3回に1回くらいしか献血が出来ません(;;)
お酒は飲まないのに、肝臓数値が高いのは・・・ストレスが原因のようです><


 各種行事の写真も、まぁ、それなりに写しているのだが、UPするだけの枚数や内容でもない・・・・

 つまり、ネタが無い・・・・という事になる。


 『宇宙記念館の問題だってあるだろう』と言われる方もいると予想しているが、ホームページのUPの仕方と議会ルールとの兼ね合いがあって、なかなかUP出来ない状況にある。

 審議途中の議案や話題に対しては、途中経過を掲載しても、やはり、作者の主観が入る場合もあるし、結果が違う場合もありうるために、なかなか経過もUP出来ないのが実情である。

 その他、季節的なものもあり、まぁ、10月は収穫時期という事もあって、何かと忙しい事と、また、浴室掃除の方もやっているので・・・・・けっこうキイツというか、なんとなく、疲れがたまっているんだなぁ。と感じる今日この頃・・・・

 ・・・・所詮は、更新しない言い訳なんですが(^^:)・・・・


 
10月1日、議員会視察。沼田町にて、雪の活用方式の研修に行きました。ちなみに、この経費は、議員報酬を積立て行われており、公費は入っておりません。ちなみに、移動も民間バスの貸切りです。


 更新の回数が少ないのもあるのであろうが、当然、アクセス数も少なくなっており、1万を迎える日数が少しずつ、余計にかかっている。
 いつものペースと比較すると一カ月ほど日数がかかった事になるが、最近は一日当たり、70件のアクセスペースとなっている。それでも、個人のHPとしても、また、議員の『面白くない』HPとしては、多い方であろうと考えている。

15万件から16万件までのアクセスログ分析
解析対象期間 : 2009/06/22 20:38:03 〜 2009/10/31 23:33:46

総アクセス数 9914
一日平均    75.11
平均アクセス間隔 19分10秒に1アクセス
一意の訪問者  838
再訪問     9076
再訪問率     91.55%
再訪問までの平均間隔 31分37秒


月別アクセス状況
2009年07月  2575
2009年08月  2256
2009年09月  2204
2009年10月  2262

曜日別アクセス状況
日曜日  1011
月曜日  1570
火曜日  1581
水曜日  1515
木曜日  1525
金曜日  1548
土曜日  1164



 アクセスが少ないから、住民は議会や行政に対して興味が無いのか?といえば、そうではない。
 また聞の話であるが『議会傍聴に行きたいのだが、その日程が分からない』という事であった。
 さらには『余市町にも埋蔵金があるのではないか?』というウワサも飛んでいるようである。

 
10月20日、沢町にある出雲神社の秋例大祭。当日は強風と雨でしたぁ〜
今は、ひっそりとしていますが、昔は倶知安に向かう街道であった事から、多くの旅人が安全を祈願したのではないでしょうか。


 議会開催日程等の案内を公に出しているのは、現時点では、残念ながら自分のHPだけであって、これも制約がある。

 議会予定は、ある程度の予定は組んであり、おおよその日程は決まっているのだが、正式に決まるのが、おおむね一週間前である。
 また、定例会における一般質問も、数日前には受付を終了している関係から、各議員のテーマはあるのだが・・・・

 現在のルールとしては、自分がHPに掲載する時間は、各種会議(本会議と各種委員会)は開催通知が出されてから。
 一般質問の場合は、議会運営委員会が開催されてから。という事であって、UPの次の日が開催日。という場合も多分にある。


 議会改革の一環として、傍聴に来る方の便宜を図る必要もあると思うのだが、実際的に告知等をしている議員は自分だけであり、なかなか、この考えが浸透しないというか、出来ないというか・・・・

 出来ない事は無いと考えているのだが、昔からのルールというか、まぁ、自分がHPを始めたのも、また、議会予定をHPで告示するようになったのも、つい最近の話であって、長い歴史の中では、なかなか変わらないのだろうという気がしている。


 
 先日、自分の掲示板に、行政視察の書き込みがあり、また、新聞では道議会の政務調査費の使い道で、返還を求める訴えがあった。
 住民から見た場合、『どうして、それが必要なの?』という事となり、行く側や使う側が、説明をきちんとしていないがために、誤解も多いようである。
 ・・・・ちなみに、余市町の議員は、報酬等を含めて、その中に政務調査費が無いために、議員視察を委員会単位として行っているが、政務調査費がある議員は、個別に場所を選定して、視察を行っている議員もおり、さぁて、どちらがよいのか?という事になる。

 ちなみに、政務調査費に関しては、ある面では使わなければ減らされる?のかどうかは分からないが、その上限があるとするならば、目一杯、使うようになってしまうのではないか?と創造している。



 さて、自分のように広報的な活動に力を入れている議員も多くなって来ているのであろうが、HP上でHPとしての評価を得ている議員は、すべてでは無いだろうが、結果として、議員としての職を無くしている場合も多いのではないかと感じている。

 自ら、次のステップ(業種違い)に向かう人。別な選挙に出馬をして、結果として当選出来なかった人・・・議員職を離れた人は、ある面では間違いなく、本気で取り組んだ結果として、そうなったのではないか?と考えている。

 どちらにしても、評(評価)はあるけれども票(投票)は無い。という事ではないのだろうか。

 
先日、町中で火災があって・・・すぐに消し止められました・・・

 余市町の話題といえは、やはり宇宙記念館の事であろう。
 今年一年、何度も関連事項が新聞に掲載されていた。自分は、この委員会には所属していないので、どんな議論になっているのかが、よく解らないが、審議する時間としては、あまり残されていない。

 『余市町にも埋蔵金があるんでしょう。だから、宇宙記念館の再開が出来るんでしょう』という意見を頂く事があるが、余市町には、埋蔵金はありません。

 その中で、再開するに当たり、どれくらいの金額が必要なのかが、まだはっきりしていないが、100万とか200万とかいう金額では無い事だけは確かなようである。
 つまり、千万単位という事であれば、当然、来年度に向けて再開をするとするならば、その予算も組んでおなかければならない。

 そして、各課での概算を始めるのは11月に入ってからで、12月に提出し、1月に最終調整という手順である。
 つまり、12月は定例会もある事から、11月の初旬までには、ある程度の見込みを作っておかなければならない。
 

 とうぜん、新たな支出があるとするならば、どこかを削らなければならず、また、来年度以降、毎年、同規模の支出があるとするならば、本当に良いのかどうか?という事も考えていかなければならないと感じている。

 政権も変わって、政治主導という事で、様々な事項が変わりつつあるが、個人的には「いかがなものか」と感じる事項も多く、また、国からの交付税がどうなるのか?という事も、現時点ではよく解らない。


 そんな中で、やっていかなければならないが、今こそ、英知の結集をして、また英断を持って望まなければならないのではないかと、強く感じている。


 ・・・・なんだかんだと言いながら、16万件ということで、このまま行けば、次の改選の時期までには20万件の大台は見えて来たと思うが、はたして、そこまで行けるかなぁ・・・


他の独り言を読む