独り言 平成20年11月8日UP
     ☆町長の復帰議会について(第5回臨時会)☆

 今朝の北海道新聞に写真入りで、記事となっていたが・・・
 11月4日に公務復帰をした上野町長。復帰後、初めての本会議となる、余市町議会第5回臨時会が11月7日、金曜日、午前10時から始まった。
 そして、町長の状況は如何に・・・というのが役場全体の雰囲気があった。

 さて、まず、町長は、役場の廊下を歩くときは、杖をついて歩いていたが、介助は必要とはしていなかったし、本会議開催前に、議長室を訪ねられ、正副議長に挨拶をされていた。おそらく、公務復帰後に3階まで上がって来たのは初めてではないだろうか。

 10時から本会議が始まった。今日の議会日程を決めて、議長の諸般報告の後、町長からの発言が求められた・・・・・

 町長は発言の前には、相当緊張している事が解った。右手が不自由なために、左手で、口をほぐすような仕草を何度もしていた。
 まぁ、いくら行政経験が長いとはいえ、また、退院はしたといえ、元の状態に完全に戻っている訳ではなく、『うまく出来るか?』という不安があっただろうと思う。

 この場所を経験した事が無い方には、なかなか説明も理解も得られないと思うが、登壇しての発言は、特に緊張するものである。
 1期目から、あらゆる発言をしていた自分でも、登壇しての発言については、2期目以降は、さほど感じなくなったが、1期目の4年間は、常に緊張をしていたものである。
 議員だけでなく、職員も同じであって、新任で議場デビューの課長は、汗だくになって、そして、その汗を拭う余裕もなく、議案の朗読をしているものである。


 さて、本会議の演壇は、段差にして約10センチがある事から、町長は登壇しての発言なのか、自席からの発言なのか・・・正に、町長の一挙、一挙手が注目されていた。

 議長が『町長の発言を許します』と発すると、間髪いれずに『議長!』と町長の手が上がる。
 廊下を歩いている時は杖を付いていたが、登壇に際しては、杖は付かずに、登壇をした。

 さて、いよいよ、町長の発言である・・・・
 こちらが、想像する以上に緊張されていたと思うが、最初の一小節は、緊張のために口が回らない。正直、思わず「大丈夫か?」と感じたが、徐々にペースを取り戻し、また、自らも、きちんと発言しようと意識されている事は、感じられた。・・・・けっして早口にならず、自らも確認するように発言が続いた。


 以下、町長の発言内容であり、これは、担当課より、文章を頂いた。
 
只今議長から発言のお許しをいただきましたので、このたびの私の入院に関しまして、議員各位にお詫びと感謝を申し上げます。
 さて、このたびの私の入院につきましては、議員各位ならびに町民の皆様に大変ご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。
 皆様のご理解を頂いた中でリハビリに専念し、まだ右肩、右脚及び言語に若干の障害が残っておりますが、主治医の許可を得たことから、去る10月27日退院をし、この11月4日より公務に復帰したところでございます。
  今後につきましては、リハビリを含めて健康管理に万全を期し、町政の執行に当たって参りたいと思います。
 私の入院期間中にも、地域や国内外で様々な動きがございました。大変厳しい時代が続いていると認識いたしております。こうした時代にあって、今後とも町民の負託に応え、私に与えられた職務を全うしてゆく決意を新たにしているところでございます。
 議員各位におかれましては、今後とも町政の執行に対し、さらなるご指導とご鞭撻をお願い申し上げ、またこの間の各位のご理解とご協力に重ねて深く感謝を申し上げまして、お礼とお詫びの言葉といたします。 どうもありがとうございました。


 尚、町長の発言が終わった後、拍手、ヤジ等の不穏当発言は無かった。

 
右写真は、本年11月4日、退院後の再登庁の朝の写真です。自分が撮影している膨大な写真の中から、似たようにアングルのものを探しだして、左写真はチョット古いですが17年10月の撮影です。見た目は、さほど変わりは無いと思いますが・・・



 入院前の町長は、言語明瞭で、切れの良い話し方をされていたが、さすがに、元には戻っていなかったが、また、発言に一部、不明確な発音があるものの、発言内容として、また、言葉としても、十分、理解が出来た。


 今日の本会議は、1時間程度で終了。その後、301号室に移動しての委員会となったが、髪形・服装、また、座っている時の姿勢に関しては、以前とまったく変わらず、黙っていれば、脳梗塞があった。とは、解らない。
 ただ、やはり、右手が上がらない事があり、書類をめくるにも、また、町長はメガネを2種類使い分けているのだが、このメガネを掛け直すのも、利き手ではない左腕という事もあり、やはり、ぎこちない。

 本会議場から301号室に移動し、休憩中は、隣の副町長と笑談をしており、まぁ、本人としても、本会議をなんとか無難に出来たという安堵感もあったと推測している。そして、本日の議会は11時40分に終了した。

 『吉田は上野支持だから、悪くは書かない』という意見を持つ方もいるとは思うし、今日の議会の様子を、どう判断するかは、個人差があって当然だと思う。
 『あれじゃぁ、ダメだろう』という意見を持つ議員や職員もいるであろうが、ただ、本会議場での発言の時に、自席での発言ではあれば、「う〜ん」と考える所もあるが、登壇しての発言であった事は、本人の"やる気"と不自由ながらも、人目は気にしない。という"意気込み"はあったからだと、自分では考えているのだが・・・・

 どちらにせよ、今、始まったばかりで、また、逆に、今、町長が辞職する事は、かえって混乱を招く事だけは、はっきりしている。
 
 年齢という問題もあるであろうが、今日の態度を見ての判断としては、これから議会が進むという事、また、12月の一般質問に関しても、"可能である"ことは、はっきりしたと思う。

・・・・・そんな事を感じた第5回臨時会であった。

う〜ん、チョット忙しかったとはいえ、新聞より発信が遅れてしまった・・・残念!!

他の独り言を読む