独り言 平成20年11月8日UP
   ☆第5回ひろかず町政報告会開催について☆

 さて、11月6日、5回目となる報告会を開催し、お蔭様で、無事終了出来た。正直に言えば、少なからず経費もかかり、また、それに費やす時間も多く、大変なのであるが、終われば、また、次もやなきゃなぁ。とも感じる。

 何度やっても、緊張はするし、まぁ、緊張というより、いかに、相手に理解してもらえるか?という事で・・・・・果たして、自分の喋りは、どうだったのか?
 内容・話し方・接続詞の使い方・・・・等々、まだまだだなぁ。と感じたが、前回は45分で話が途切れてしまったが、今回は、時計を見たら、「もう、こんな時間か」と正味、1時間を越えていた。
 『そんなに話したら、みんなあきでしょう』という意見も頂いたが・・・・どうでしょうか・・・・

 出席された方は、全員、顔見知りの方だったが、「はて?どこからの開催を知ったのかなぁ?」と思う方もおられた。
 今回の開催告知については、ホームページと、ポスターは10枚くらいを印刷。他は、今回のニュースの記事の一部と、また、2週間程前から、ニュースを配布する時にチラシを入れたくらいであった。
 
 以前、会派として報告会を開催した時は、チラシとしても2000枚近く印刷したし、また、ポスターも50枚以上、さらには、開催数日前から、広報車も出しての告知をして、記憶では、最大で130名だったと記憶している。

 さらに、この時は、会派員の中に、支持母体がある議員がいたために、ある程度の動員もかける事が可能であった。


 時間的に小腹も空くだろうと。という考えから、オニギリと持ち帰り出来るようにペットボトルのジュース、また、おつまみ"になるように、豆の小袋を数個入れて、同額となるように300円を頂いた。

 出席された方には『300円ではなくて、500円でも1000円でも取ればイィだろう』とも言われたが、こちらとしては、選挙法の関係があるので、このような手法を取っているだけであって、もともと、これで元を取ろうとはまったく考えていない。

 自分の場合、あくまでも、飲食がメインではなく、話を聞いてもらう事をメインとしているのだが、果たして、お金を払ってでも、来てくれるものなのか?という事は、非常に興味がある所である。
 
 そう考えれば、また、過去の事例を見た場合でも、今回、参加して下さった方は、けっして少なくない。と感じているのだが・・・・・
 また、顔触れを見たときに、自分を支持してくれているかどうかは別として、当然といえば、当然なのだろうが、政治・町おこしに興味がある方が集まって来ていて、政治に無関心ではない。という事も感じている。

 

 報告会の際、頂いた質問・ご意見で『会派はどう考えるのか?』との質問があった。

 自分にとっては、痛い質問であり、また、非常に難しい問題ではあるが、現時点では、無会派に関しては、別段、日頃の議員活動においては、支障は感じていない
 しかしながら、議会の世界は、"数の力"も間違いなく必要であって、さらに、やはり採決の判断に迷う場面も多く、結果としては、だれに相談する事も出来ないのもあるが。

 その反面、採決結果については、自らが判断を下した事は、たとえ一人であっても、だれに不満を持つ訳でもなく、まぁ、いわば"気楽さ"もある。

 ・・・・・会派制度を否定する訳ではないが、逆に、会派として拘束もあって・・・
 その必要性があれば、どこかに所属するかもしれないし、また、議会は何が起こるか分からない世界ではあるので、余市町の議会でも、まぁ、その可能性はほとんど無いであろうが、再編がありうるかもしれない・・・・
 

 選挙後、丸一年を過ぎて、前期と比較した時には、様々な面が変わったと感じるが、あらゆる面で、以前より厳しい時代となっており、その中で、議員がどうかかわって、どう発信して行くのか?という事が、問われるのであろうと感じている。

 ・・・・大変だけれども、やっぱり、1年に1回くらいは、公に報告会を開催したいと考えていますが・・・・


他の独り言を読む
関連壁新聞へ