独り言 平成18年6月18日UP
  ☆掲示板“ゴミの有料化について”の回答☆




※18日の夜にUPしましたが、19日の午前中に、改めて担当課の方に聞いて来ました。よって、数カ所、訂正がありましたので、再度、書き直します。
 尚、訂正前の部分も、そのままにしておきます。
 自分の認識もかなり違っていました。大変、申し訳ございませんでした。お詫び申し上げます。
 訂正再UP時間、6月19日・午後1時50分




 名無しの?さん、書き込みの方、ありがとうございました。回答等が長くなるので、こちらに掲載させて頂きました。
 

 さて、11月からゴミ有料化がされるに当たり、区会等、各地で説明会が開催されています。どの説明会でも、質問が多数出されていると聞いています。
 
 多くの方が誤解されていると思われますが、今回のゴミ有料化については、余市町単独で実施する訳ではない。という事が前提にあります。


※余市町単独で実施する訳ではない→有料化と分別は、別々な考え方です。有料化については、現在実施している所は、小樽・仁木・古平で、秋から実施予定は余市・赤井川。積丹町は実施時期は、未定となっています。
※ただし分別については、各町村から焼却場に“持ち込めるもの”が限定されているので、分別をしなければなりません。



 今回のゴミ有料化については、国の方針により、まず、焼却炉のダイオキシン対策があります。そして、もう一つは、資源リサイクルという考えで、どちらも“法律”となっています。
 現在、余市町としては、北後志5町村で、事務組合を設立。北後志衛生施設組合で実施して、白岩町のゴミ焼却場で実施しています。なお、焼却はここでやっていますが、収集は、各町村単位でやっています。

 この白岩の焼却場、建設からすでに30年を経過しており、また、国のダイオキシンの基準に当てはまらない施設であり、新築するには、莫大な資金が必要という事になります。
 時期を同じくして、小樽市でも、ゴミ焼却場の施設を新設する事となっており、北後志として、単独で行くのか、または、小樽市に乗るのか?という事が問題となり、結論的には、小樽市に乗った方が、経費的に極めて安くつく。という事になり、小樽市を含めた“北しりべし広域連合”という組織を新たに立ち上げて、焼却場の新築をする事にして、合わせて、リサイクル法の施行に合わせて、各種のリサイクルを進める。という事になりました。

 つまり、今回の実施に当たっては、資金面でも、また、ゴミの排出量としても、小樽の割合が圧倒的に多い事から、全面的に小樽市の基準や、やり方に合わせる事になっています。

 なお、この条例改正については、今年3月の特別委員会を開催して賛成多数で通過をしており、私のHPの中に、この時の討論が掲載されています。

http://www.hirokazu.net/hitori-18-2-25.htm


 さて、前置きが長くなりましたが、回答を致します。
 
Q有料のごみ袋(処理料金)は他の市町村と比較した場合同なんでしょうか。指定のごみ袋の偽物が出回る事も予想されますが?
A他の町村も同じものと聞いています。偽物については、偽造をすれば可能でしょうが、ゴミ袋を販売する所は、余市町の指定店ですので、理論的にはあると思いますが、現実としてはどうでしょうか?また、大型ゴミに張るシールの方は、一度張って、はがすとすぐに破けるようになっているそうです。

Q一般家庭以外で事業所からでるごみ及び廃棄物は事業所の責任で処理する事となっていますが、余市町の事業所は殆どか零細企業で一般家庭と事業が同一建物が常識です、生活ごみと事業ごみの明確な区分方法を教えて下さい。
A事業系とは、店舗を構えている個人商店だけでなく、農業者や漁業者もこれに該当します。役場側では『商工会議所・農協・漁組等にも、説明会等を実施する』との事でした。
 見分け方ですが、これは、議会でも問題になりましたが、正直、明確に見分けは出来ない。のが実際の所だと考えています。
 ゴミが家庭ゴミなのか事業系ゴミかは、出す人のモラルの問題であり、明確に事業系と見分けられる事が出来た場合は、収集はされない事となると考えられます。


Q事業所ごみの処理業者が町で指定されていますが、事業者の責任で完全処理しなければ成らないのになぜ業者が指定されているのですか、小樽・札幌の業者はなぜ駄目なのですか?
Q町役場の都合で如何しても指定業者を使わないと駄目なら、指定業者から絶対不法カルテル等を組まないとの誓約書を取って下さい、今回の指定業者の中には余り良い噂を聞かない業者も有るようですが?
A役場で『町内業者を使わないとダメだ』と言っているんですか?私は聞いていませんよ。町の一般廃棄物収集許可事業者は、現在の所、5社ですが、小樽・札幌の業者でもかまわないと思っていますよ。

※小樽・札幌の業者でもかまわないと思っていますよ→
 これは、認識違いがありました。収集をする条件は、町が許可を出した一般廃棄物事業者。という事でした。つまり、小樽・札幌の業者の場合は、新たに余市町の許可を取らなければならない事となりますが、現時点では、余市町かの許可は難しいと考えています。
 ただし、例外があるそうで、資源物収集の場合は、これに該当しないそうです。



 今回の場合、最初に申し上げたように、小樽市の基準に合わせていますし、また、なぜ、町内業者が5社なのか?ですが、前掲の北しりべし広域連合で、現時点では『許可を出さない』事になっています。
※広域連合の許可としては、『現時点で一般廃棄物の収集許可を持っている廃棄物事業者に、搬入の許可を出す』との事でした。


 なぜ、許可を出さないのかは、今度の新焼却場は、小樽市の桃内地区に建てられるのですが、この桃内地区に決定するまでにも、かなりのやり取りがあったと聞いています。
 当然、建設するに当たっては、地域からの要望に同意して、建設が進められたと聞いています。
 そして、その中で、新たな事業者は認めない。との方針のようです。

 ゴミ収集は、大きく分けると“収集”“運搬”とに別れます。そして、それぞれに一般系(家庭から出されるようなゴミ)、産業廃棄物系(事業系)とに別れていますが、今回の新焼却所に搬入に当たっては、新たに、施設に搬入する許可が必要になります。
 搬入許可は、“広域連合”で認めれば、良いだけですので、資格は必要ありませんが、前提となるものは、当然、一般廃棄物許可業者という事となり、さらに、地域内の一般廃棄物許可業者という事になると推測しています。


 つまり、事業系から出されるゴミを札幌は分かりませんが、小樽で現時点で営業している一般廃棄物許可業者ならば、持ち込みは可能になると思っています。

※余市町内でのゴミ収集については、余市町の許可業者という事になります。つまり、小樽の事業者が取りに来る事は出来ないでしょうが、小樽の廃棄物事業者が「受け入れる」といえば可能だと推測しています。

 さて、大きな誤解というか、考え違いをされている部分があると思っています。

 まず、今回の有料化というより、指定ゴミ袋制度は、あくまでも、一般家庭のものであり、事業系ゴミは該当しません。
 つまり、事業系のゴミは『各事業所で、各々、一般廃棄物許可業者に依頼して処理して下さい』というものであり、事業をされている方は、指定ゴミ袋を買う必要はない。という事です。
 では、事業者はどうするのか?ですが、一般廃棄物許可業者と事業所(者)は各々契約して、収集に来てもらう。という事です。

 その時の収集料はどうなるか?ですが、あくまでも、想像の範疇ですが、ゴミの出し方(分別するかどうか)によって違って来ると思います。
 通常のゴミ袋で集めるのか、ダンボールでも良いのか。または、一般廃棄物許可業者が自ら袋を作成して、購入してもらう。という手法も考えられます。
 また、収集日や収集方法も、各々違うでしょうし、それによって、料金は違って来るのでは?と想像しています。
 また、廃棄物収集業者は、集めたゴミをどう処理するのかは“適法”に処理されれば良いのであって、収集業者の責任において、焼却されるのか、埋められるのかは、それぞれだと推測しています。

 事業所から出されるゴミは、産業廃棄物に分類される事から、一般廃棄物事業者ではなく、産業廃棄物事業者にも依頼出来るのでないか?と思いますが、産業廃棄物となれば、料金的には、まったく違って来るのではないか?とも推測しています。

※事業系から出されるゴミは、“事業系一般廃棄物”と“事業系産業廃棄物”に別けられます。そして、事業系一般廃棄物は、産廃ではなく、家庭系一般廃棄物と同じく、処理されなければならないそうです。

 一般廃棄物事業者が、どの程度の料金設定にするのかは、まったく分かりませんし、小樽でも、札幌でも『収集に来てくれる』というのであれば、町が許可した一般廃棄物事業者でなければダメだ。という事はありません。
 ただ、現実的に考えて、地方から来る場合は、その分、割高になるのではないでしょうか。
※結論的には、町が許可した廃棄物事業者しか収集出来ない。という事で“名無しの?”さんの言われる事が正しかった。という事になりました。
 大変、申し訳ありませんでした。



 不法カルテルについては、考えか方で、ゴミを出す側の事業者からは、『どの収集事業者に出しても、一定の料金設定をしてほしい』という声もありますが、今の所、一般廃棄物事業者も“手探り”状態の中で、進めているようです。

※料金については、現時点でも、広域連合の方から、一部処理料について、まだ出されていないそうです。つまり、各一般廃棄物事業者も、明確な料金設定が出来ないのが現状のようです。


 11月の期日も、日一日と近づいて来ていて、『本当に大丈夫なのか?』『本当に出来るのか?』は、なかなかすんなり行かないと考えていますが、だれかが、どこかでやらなければならない事ではないでしょうか。

 回答は以上と致しますが、私の所も、これから収集事業者さんと契約をしなければならないですし、正直、負担等も含めて、本当の所、「なんで有料化なんだ〜。面倒だ〜」というのが本当の所です。
 しかし、だれかが、どこかで、やらなければならない事ですし、どの問題もそうですが、“先送り”は出来ない時代になって来ています。
 ご協力をお願いしたい致します。


 なお、私も役場職員ではないので、一部、記載に間違いがあるかもしれませんので、明日(6月19日)に、改めて役場に行って、聞いて来ますので、この点は、ご了承下さい。
 また、頂きましたご意見やご要望等は、必ず、議会の場で反映させて頂きます。


以上と致します。



※かなり訂正が入りました事をお詫び申し上げます。
正直な所、ゴミ問題を含めて民生部関係の行政は、本当に難しいです。




他の独り言を読む