独り言 平成18年1月22日UP
   ☆よいことがある町U☆

 昨年4月に、自分のHPに、『よいこがある町』としてUPした所、その後、数カ所のホームページにこの件が掲載され、さらには、新聞にも掲載された。

 本当にそんな事があるのか?という事だが、12月定例会において、補正予算の審議の時に、匿名の方から、余市町に寄付があった事が報告された。
 この時には、自分も関連した事項で質問をしたが、寄付の趣旨としては『iネット関係で見て回ったところ、良いことがあった』との事のお礼であった。

 う〜ん、どんなイィ事があったのかは、よく解らないが、金一封の寄付という事となれば、宝くじか懸賞で、それなりの金額が当たった。ということであろう。

 
霊験あらたかな余市神社。神社の歴史としては、けっこう古いようです。
よいこと巡り”は余市神社からスタートです

 

 さて、さて、平成18年も始まり、サービス業ということで、自分は、元日も休みなく仕事をしていて、新年の神社参りもしていなかったので、先日、一人で余市神社に行って来た。
 たまたま宮司がいて、『すごい手紙が来たよ〜』と、それを見せてくれた。以下、その要約である。


 昨年の夏、余市町の施設の記事を見まして、お礼をしたく、手紙を出しました。各神社を回り施設を回り、スタンプを押しました。その後、私は馬で初めて万馬券が複数当たり、懸賞で海外旅行と旅行券が当たる等、良いことづくめです。妻は結婚8年目で待望の子供が授かるなど、妻共々、余市町の“よい願いが叶”という事があたり、ありがとうございました。

 との内容であった。
 
幸田露伴(こうだろはん)の碑  すっかり雪に埋まっています。スタンプは、福原漁場で押せるようになっています。ちなみに、北海道立・水産試験場の敷地内にありますので、茶色の建物を探して下さい。


 思わず「本当かよ?」と声が出るが、実際に、こういうお礼が来るということは本当なんだろうなぁ。

 宮司の話では、『先日も団体でお参りに来ていた』との事であるが、大雪で雪に埋もれている場所もありますが、お参りは可能です。
 
福原漁場  今年の豪雪で、職員が屋根の雪おろしをしています。3階の高さがあります。
 
こちらが福原漁場の事務所と受付です

 また、各施設を管理している教育委員会の博物館で聞いてみると『けっこう来ている人が多く、女性2名で来ているパターンが多いようです』との事でした。

 良い事に巡り合いたい人は、是非、余市町を訪れて下さい。
 
運上家(うんじょうや)  本来は、運上家の隣の神社もお参りするとイィのですが、こっちも雪に埋もれています


 ちなみに、スタートは余市神社です。余市神社でお札を購入して(するかどうかは、自由です)、神社でスタンプ用紙をもらってスタートして下さいネ。


 
三吉(さんきち)神社   ふだんは無人の神社となっており、スタンプは国道をわたった所に、吉野資材店というお店で押してくれます。
 


 今年もみなさんに、良いことがありますように  (^^)v


他の独り言を読む