独り言 平成17年9月4日UP
   ☆選挙へGO!!☆

 第44回衆議院選挙が告示されて、今、各地で激戦が繰り広げられています。

 さて、自分がだれの支持をしているのかは、選挙期間中という事で、この場で表明等をすると『選挙違反だ〜!』と指摘をされかねないので、しませんが、一言、選挙に行きましょう!!という事をお願いしたいと思います。


 今回の選挙“お金”はどれくらいかかるのか?ですが、余市町では総額として1180万円です。

 8月末に、余市町議会第4回臨時会が開催され、この中で今回の衆議院選挙における、余市町分の選挙費用が議会を通過しました。

 総額経費(予定)は前掲の通り、1180万円で、名目としては衆議院議員選挙委託金という科目で北海道から来ます。つまり、余市町が直接的に出す訳ではありません。

 歳出の詳細としては以下の通りです。

科  目   金  額   主たる使用目的
報  酬   81万3千円 期日前・投票立会人等の報酬
職員手当  520万円   超過勤務手当
賃  金   47万5千円 
報 償 費   27万3千円 選挙公報配布
旅  費   13万5千円
需 要 費  188万4千円 消耗品、印刷製本
役 務 費   80万円   通信運搬費
委 託 料  180万円   ポスター掲示場の作成
使 用 料    9万円
備 品 費   33万円 


と、以上となっています。無論、選挙が終わってから決算が行われて費用が確定しますが、過去の選挙からも割り出されている金額なので、この金額でほぼ確定となります。

 北海道から予算が来る。という事ですが、これは国から来るものであって、最終的には我々の税金が使われています。
 余市町でこの金額ですが、投票用紙の印刷や、投票を呼びかけるポスターやコマーシャルの放映等、全国的には約770億円の税金が必要という事になっています。

 一票一票の積み重ねが国の政治の流れを決めますし、一人一人が政治に参加出来るのは、選挙しかありません。
 選挙制度が変わって『なんで〜?』と思う所も多いのですが、選挙に行かなければ始まりません。
 巨額な費用がかかり、それが無駄にされる事は、良くありません。
 投票率が上ることが、選挙費用を無駄にしない事に繋がります。
 みなさん、とにかく
選挙に行きましょう!!

 不在者・期日前投票は10日まで、時間は午前8時30分〜午後8時までの間、役場で出来ますので、こちらも利用しましょう!!


他の独り言を読む