他の独り言を読む

独り言 平成16年9月10日UP
    ☆台風18号の被害について☆

 更新しない。と言いつつも、立場上、家業に専念も出来ずにいます。そして、住民の方が一番欲しいのは、情報であろうという推測も出来るので、被害関係の情報を少々。

 今回の台風は、50年前の洞爺丸台風以来の被害という事で、日が経つに連れて、被害も判明して来ていますが、日々、拡大しているのは事実です。

 さて、10日、議会の各常任委員会の正副委員長が招集され、今回の台風における、被害の報告がありました。

 尚、調査時点としては、9月9日現在という事です。


風の状況
 観測場所 管理者 瞬間最大風速     最大平均風速
  豊丘  気象台  計測しておらず 8日、午前11時 16m
  黒川  消防署 8日 10時51分 43.1m
                   8日、午前11時 18.6m

雨の状況
 観測場所  管理者   総雨量
  豊丘  気象台   18.5mm
  登   土現    20.0mm
  ヌッチ 土現    20.0mm
  都   土現    18.0mm


災害対策本部の設置状況
 余市町  9月7日、午後7時設置
      尚、広報車等による注意啓発は7日、午後2時から開始
 北海道・後志支庁
      9月8日 午前10時30分
   尚、災害対策連絡本部は7日、午後6時30分に設置されています 


町内の状況
道路
 国道 5号線 黒川1294番地付近において、全面通行止め
      時間 8日、午前9時6分〜同日、午後7時30分
      理由 民家の屋根が飛び、国道をふさいだため
    5号線 栄町〜蘭島
      時間 8日、午後1時10分〜同日、午後10時20分
      理由 強風・倒木・高潮
 道道 余市赤井川線 黒川町1179番地〜赤井川日の出
      時間 8日、午前9時30分〜9日、午前5時00分
      理由 倒木
    登余市停車場線 登2号橋〜余市赤井川線交点
      時間 8日、午前9時30分〜9日、午前5時00分
      理由 倒木

交通機関
  中央バス、及びJRは8日は全面運休

停電
 町内一円で約6300戸 
  尚、現時点でも停電している箇所があります。


断水
 モイレ地区・東部地区 

自主非難の状況
 8日、日中、公共施設7カ所で77名
 8日、泊、 公共施設1カ所で23名
 9日、泊、 公共施設1カ所で7名


被害状況
人 的 負傷者35名。(年齢17才〜70歳代)
住 家 半壊10棟 一部損壊139棟
非住家 全壊86棟 半壊32棟
農 業
  農作物 りんご 221ha 落下率81.6%
      和 梨 34ha  落下率96.4%
      洋 梨 33ha  落下率96.4%
      ぶどう 15ha  落下率41.1%
      プルーン 9ha  落下率87.0%
  倒 伏 りんご  4.2ha
      ぶどう 12.6ha
      和 梨  0.2ha
      プルーン 0.1ha
      サクランボ4.5ha
  農業用施設
      ぶどう棚 12.6ha
      サクランボハウス 0.1ha
      野菜ハウス(ビニール)1029棟
      野菜ハウス(パイプ)  292棟
      ハウスブドウ(ビニール・パイプ)1.55ha
   (被害予想総額14億7000万円)


  土 木 道路 街路樹の倒木・幹折れ 2路線
      公園 倒木・幹折れ15カ所
      町営住宅 屋根損壊2カ所
  公立学校 小学校5校、中学校3校、
       社会教育施設4施設、教員住宅4棟
  他、町の施設38カ所に破損あり。


 との事でした。無論、台風翌日の調査のみで、仮復旧が優先される中での調査であり、今は、もっと増えているでしょうし、調査出来ていない所も多数あります。
 尚、水産関係は風が陸から海に吹いた関係で、直接的な被害はなかったようです。
 
 今回の台風被害は、全国的な被害があり、農業用の資材、また、建設関係資材は入手困難になっており、さらに、一部では高騰もしはじめています。
 この復旧に、『自衛隊の出動』の声もありますが、町レベルでは困難であるのが実状のようですが、町職員を始め、各種団体によるボランティアで、主にぶどうの棚起しが、土日に行われる予定です。
 さらに、劇甚災害法の適応は、仮に適応されるとしても、全体の被害調査が終わらなければならない事から、数カ月かかる場合もあるそうです。

 また、屋根の損壊は、実際に雨が降ってみなければ、分からないのもあり、現実的にはもっと増える可能性もあります。


 台風当日、公共機関へは電話が殺到したようで、役場の電話回線もパンク状態になったそうです。さらに、携帯電話も一部でアンテナの損壊があったようで、繋がらなくなっていました。

 さて、50年に一度の風被害という事で、想像の域を越えていた事は確かだと思いますし、消防の風速では43.1メートルでしょうが、場所によっては、それ以上にあった所もあると推測しています。

 町では、今後の生活を含め、各種相談を受け付けていますので、分からない事、心配事、困り事があれば、役場に電話をして下さい。


 また、来週から定例議会が始まりますが、予定通り14日より開始されますが、内容や日程等については、変更される可能性もあり、最終的には13日開催の議会運営委員会で決定されます。
 そして・・・・
 この状況に鑑み、
私も提出しました一般質問は、本日、取り下げをして来ました。
 議員就任以来、一度も定例会では休みなく一般質問を行って来ましたが、議会運営委員長という立場もありますが、今は、質問より、災害復旧が先であろうと考えた末の判断でした。
 ご意見をお寄せ下さった方には、
この場でお詫び申し上げます。大変、申し訳ありませんでした。
 尚、今回の質問は12月定例会に行う予定です。