7月25日・木曜日
 ☆フゴッペ洞窟工事開始☆


 フゴッペ洞窟の再保存工事が始まりました。この工事は改修工事ということで、地鎮祭は行われませんでした。
 工事前に事前に発掘工事が行われ、建物の前の地面は前回撮影時よりさらに、掘り下げられていました。
 現在の工事は、建物の屋根に防水を掛けるために、屋根をフラットにするため、凹凸の除去をしています。



 工事関係者の話として「本州ナンバーの車がけっこう来ている。」との事でした。知る人ぞしる貴重な遺産であることは間違いないようです。

 この撮影には、工事業者である、
地崎工業北海道本店さんと、地元の松岡建設さんの全面的御協力を頂いております。


  現建物の屋根の上のV字の壁を壊しています。
  屋根全体を平らにして、洞窟の上部(銀色に見える所)から、全体的に防水処理をします。



  下の写真は発掘の終わった新施設(ガイダンス施設)予定地です。現在は何も手が付けられていません。

他の図面等を見る