他のフゴッペ写真を見る

ブゴッペ洞窟・平成16年4月19日UP
       ☆新施設完成記念式典☆

 平成14年から始まった、フゴッペ洞窟の保存工事。この度、要約、完成の運びとなり、4月19日、完成記念式典が行われました。



 今回の新施設には1/1のレプリカがあった事から、私も議会の時に「これが展示されるのか?」と質問をしていました。
 レプリカの存在そのものは知っていましたが、レプリカを見るのは初めてであり、非常にリアルであり、率直に「良く、作ったなぁ」というのが感想です。

 施設には、模型や他の遺跡の状況もあり、以前と比べると、比較にならないほど、良くなっています。是非一度、見学にお越し下さい。

 
  
 洞窟がある丸山         入り口には、この看板があります
 
 正式名称 国指定史跡フゴッペ洞窟
 入館料  高校生以上 大人200円  小中学生100円 
        園児無料 20名以上団体・2割引

 定休日  毎週月曜日
       ※月曜祝日の場合はオープンしており翌日が休みとなります
 住  所 余市町栄町35番地 
       ※小樽方面から来た場合、余市町に入って、すぐの左側

 問い合わせ先 
      ブゴッペ洞窟事務所    0135−22−6170
      余市町教育委員会文化財課 0135−22−6187


 


 

 
        
正面に入ると、オシャレなマークがお出迎えです
 
  
順路通りに進みます。
 
 
1/1のレプリカで、両サイドにあります。素材はFRPで、直接手で触れることが出来ます。
 

 
刻画はカプセルに入っていますが、実は人間の方がカプセルに入っているのです

 
 この模型は、フゴッペ洞窟が使われていた時代を想像して作られています。山の向きや海の位置等は現在と同じ方向を向いて作られています。おそらく、こんな生活をしていたのでしようね。
 
       

 
          
世界各国の刻画のパネル展示があります
 


 

 式典は、次第は次の通りです。

1.開  会
2.式  辞  余市町町長 上野  盛
3.挨  拶  余市町教育委員会 林  清子
4.祝  辞  北海道議会議員 中村裕之 様
        後志支庁長   片平美智子 様
        余市町議会議員 安宅俊威 様
5.工事経過報告
6.感謝状贈呈
7.テープカット
8.閉  会

 
        
本日のご来賓等、式典出席者は52名でした。

 
    上野町長の式辞             中村道議の祝辞

 
   片平後志支庁長の祝辞         安宅余市町議会議長の祝辞

本日の主催者 余市町長と町教育委員会委員
 
                 式典終了後、一枚、写してもらいました

感謝状贈呈。左は主体工事を実施した、株式会社地崎工業さんに代表して送られました。地崎工業さんには、私も、工事中から、お邪魔をして写真撮影をさせて頂きました事につきまして、お礼申しげます。ありがとうございました。
 
右写真・この洞窟の第一発見者である、大塚さんご兄弟も出席され、感謝状が贈呈されました。

オープンセレモニーでテープカット
 
今日の式典では、余市町議会の三役と、所管委員会である総務文教委員会メンバーには、案内状が届いていました。左から、渡辺正治副議長・佐々木委員会副委員長・渡辺秀郎委員長・吉田広之丞監査委員、藤野議員。

 
最後は、学芸員の説明で、施設の見学をして終了しました。


 一般公開は16年4月20日からです。昔、見た方も、是非、再度ご見学下さい。必見ですよ!!

以上をもちまして、このページの更新は、とりあえず、終了致します。平成16年4月19日。ご感想等、お寄せ頂ければ幸です。