参加報告
5月25日 土曜日

       余市川流域クリーン作戦

 5月25日・土曜日に、赤井川村・仁木町・余市町合同で、余市川河川敷のゴミ拾いが実施されました。
 前日から続いていた不安定な天気が当日も続いており、特に大江地区は午前6時台は強い雨が降っていました。
 開会式は仁木町の“ふれあい遊トピア公園”(パークゴフル場)で8時45分から行われましたが、開会式が始まった頃から再び雨が降りだし、主催者挨拶の途中で、ドシャ降りになり、全員建物内に非難をするハメになってしまいました。
 結局、開会式は中止で、各班に別れて作業開始となりました。

 余市町の担当としては、仁木大橋から下流域で、大江はドシャ降りでしたが、仁木町中心部から余市側は雨が降った形跡は無く、各班に別れて作業にかかりました。

あゆ見橋チーム  仁木大橋⇒あゆ見橋
    余市町役場民生部管理職
    余市町役場建設水道部管理職
    余市地区支部連合(余市町役場職員組合)
    三機環境サービス余市営業所

田川橋Aチーム  あゆ見橋⇒健康公園(ゴリラ公園)
     余市町役場経済部管理職
     余市観光協会
    余市商工会議所
    余市町農業委員会
    余市町農業協同組合
    余市青年会議所

 
田川橋Aチーム、あゆ見橋に集合。開始前に資材の提供を受ける。

参加報告に戻る

開会式 後志副支庁長が挨拶の途中で雨が!!
                           水たまりが出来るほど強く降りました。

田川橋Bチーム  健康公園⇒田川橋
    川は心のシンフォニーの会

余市橋チーム  田川橋⇒余市橋
    余市町役場総務部管理職
    余市町教育委員会
    国際ソロプチミスト余市
    余市郡漁業協同組合
    北海信用金庫
    一般参加者

 余市町としては人員送迎用マイクロバス、無線機、各種車両を提供。また、参加者には、缶ジュース・軍手・火ばさみ(終了後回収)・ゴミ袋数枚が提供されました。

 この事業は全員がボランティア参加で、最大の参加団体は余市町役場であり、本庁勤務者192名(臨時職員を含む)のうち、82名が参加しました。
 この他、新聞チラシで応募された方や、町内各団体も参加。北海信用金庫さんは全員緑のおそろいのジャンパーを着用しており、人数も多かったのもあり、かなり目だっていました。
 総勢210名が参加した今回のクリーン作戦。集められたゴミの量は4トン車1台、2トン車1台で、昨年より“減少”との事でした。

あゆみ橋の下流でゴミ拾い。発砲スチロールが多い!!

 私も昨年同様にあゆ見橋から健康公園(通所ゴリラ公園)まで間を歩き、3袋くらいのゴミを集めましたが、水門の所に大量の空き缶があり、また、水辺には発砲スチロールが目立っていましたが、年々ゴミの量は少なくなっているように思います。

各種の資料・数値は余市町役場水産課より提供を頂きました。
                                 平成14年5月29日作成