余市町議会議員・吉田ひろかず掲示板
99 / 192 ツリー ←次へ | 前へ→

出初式 その程度余市町民 08/1/7(月) 19:04
Re:出初式 吉田浩一 08/1/7(月) 20:29

出初式
 その程度余市町民  - 08/1/7(月) 19:04 -

引用なし
パスワード
   近年の出初式は庁舎内で行われている様で昔みたいな梯子乗り等のお披露目が無いのは寂しい感じです。
記事の中で救急車の出動回数の記述が有りその中に転院搬送が178回との数字には驚きです、単純に2日に一回は約半日余市の救急車が不在となる計算で考えて見ると恐ろしい話です、多分その時は仁木の救急車等が待機していたりドクターヘリ等の活用が有るので心配する事は無いとは思いますが、この季節の事を考えると一抹の不安は残ります。
実は私も数年前に今頃の季節に転院搬送を受けた経験が有ります、当日は大雪で高速も通行止めで札幌の病院まで2時間以上かかりました、転院の理由は余市の病院では正確な検査治療が出来ないとの事でしたが、今おかげ様で回復して思い浮かぶのが自分が搬送されている時に何か有って救急車の到着が遅れて命を落とした人が居るのでは無いかと事です、救急車での転院搬送は主治医の判断の為自分自身で何も出来ない状態でしたので余計気になっている事です。
単純に救急車を増やせばいい話かと思いますが、高規格救急車は4000万円以上しますし、隊員もそれなりに増員しなければなりません。
余市町も民間の高規格救急車の活用を考えて見る時が来ていると思います、この件は全く民業圧迫にはならないと思います。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; msn Opti...@p6153-ipad207sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp>

Re:出初式
 吉田浩一  - 08/1/7(月) 20:29 -

引用なし
パスワード
   その程度余市町民さん、今年もよろしくお願いしますね^^

私は昔の事が解りませんが、余市町でも出初め式で梯子乗りをやっていた時があったんでしょうか??
私が議員になってからは、毎年、欠かさず消防団出初め式には出席していますが、少なくとも、平成12年以降は、今のスタイルとなっていますよ。

さて、消防は、北後志という枠組みで北後志消防組合と組織しており、現在では5町村すべてに、高規格の救急車が配備されており、全体をカバーする事になっています。
その町に救急車が不在の時は、他町村から応援に入ってきており、現状では、なんとか、回しているようです。

転院搬送については、救急車で運ばれ、一旦、入院して、小樽・札幌方面への転院の場合も利用されており、この場合は、緊急性がある場合と無い場合があるようです。
北後志の場合、救急指定病院としては余市協会病院ですので、どの町で発生した患者さんであろうとも、一旦、協会病院に運ばれ、転院の必要性があれば、どの町の方であろうと、余市消防の救急車が搬送するそうです。無論、出動していれば、別でしょうがねぇ。

単純に、もう一台、救急車を増やすとした場合、人員的には10名程度、増員する必要がありますし、また、現状でも、余市消防の定員は1名減の状態にあります。
ちなみに余市町の救急車が一番古く、そろそろ更新時期になってるのではないか?と思っていますが・・・

この問題は、広域的な事項ということで、北後志消防組合の議会で話し合われているようで、その中身は、私は、それなりに聞いていますが、当事者ではないので、この場では、表明出来ません。

まぁ、こう言う回答では「納得出来ない!」と言われるでしょうが、消防の問題は、決算委員会や予算委員会等、限られた時にしか質問が出来ないんですよねぇ。

それと、以前に比べたら、転院搬送が少なくなった?と聞いていますが・・・
その理由として、救急病院としては、入院施設がある病院という事で、余市町の場合、ここ数年では、3病院がありましたが、現在は2病院になったために、転院搬送が少なくなった。と聞いていますが、その数値等は押さえていません。

民間の救急車が必要という所までは、まだ行っていないと、思いますが・・・ちなみに、聞いた話では、札幌市内の救急車は年間、1000件以上の出動回数があるそうです。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)@i220-220-174-38.s02.a001.ap.plala.or.jp>

99 / 192 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
72024
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.